現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > サンテレビ「KOBE 元気!いきいき!!体操」が月曜から金曜の朝8時に戻ってきます

更新日:2021年3月25日

サンテレビ「KOBE 元気!いきいき!!体操」が月曜から金曜の朝8時に戻ってきます

ここから本文です。

笑顔ボーイズ

記者資料提供(令和3年3月25日)
 昨年6月から神戸市オリジナルの体操番組「KOBE 元気!いきいき!!体操」が、(株)サンテレビジョンにて放送されています。
 好評につき、放送時間帯を変更しながら延長してきましたが、このたび4月1日から、土曜日の10時からの放送に加え、月曜日から金曜日の朝8時に戻ってきます。
 新しい講座や脳トレも増えています。コロナ禍での自宅での日常かつ継続的な介護予防、フレイル予防の取り組みを継続して支援します。

1.番組内容

(1)番組名

「KOBE元気!いきいき!!体操」

(2)対象

 65歳以上の高齢者・主にお元気な方や健康に不安のある方(介護保険の要介護認定軽度者を含む)向け

(3)内容体操

 ・本市教育委員会のあいさつソング「ほら、つながった♪」にのせて行う音楽体操

 ※足踏みをしながら、腕を大きく回す等の動きを行う(椅子に座った運動も併せて表現)

 ・口腔体操、指と頭の体操、筋力トレーニング、などの運動プログラム

 ・介護予防・フレイル予防に必要な情報や、感染症予防・熱中症予防などの情報筋トレ

 ・自宅でできる体力チェックの紹介 等

2.放送スケジュール等

(1)放送時間等

 令和3年4月1日(木曜)より転倒講座

 ・月曜日から金曜日: 午前8時から8時30分の30分間放送予定

 ・土曜日 : 午前10時から10時30分の30分間放送 ※土曜日は変更の場合あり

(2)放送チャンネル

 ・月曜日から金曜日:地上波放送マルチチャンネルの第2チャンネル (サンテレビ 「032」チャンネル)感染対策講座

 ・土曜日 :3チャンネル

 ※放送後、同内容の動画を「サンテレビ公式YouTubeチャンネル」にて順次配信。

フレイルとは

医学用語である「frailty(フレイルティー)」の日本語訳で、病気ではないけれど、年齢とともに、筋力や心身の活力が低下し、介護が必要になりやすい、健康と要介護の間の虚弱な状態のことです。

フレイルであることに早めに気付き、フレイル対策の3つの柱である栄養(食・口腔)、運動、社会参加に取り組めば、元の状態に戻ることもできます。

 

ミニ講座では、思わず笑いが込み上げてくるような場面もあります。

 視聴者の方からは、「決まった時間に健康管理ができるのはありがたい」、「体操をするようになって足の力が強くなったとリハビリの先生に言われます」、「膝が曲がるようになり、胸を張って歩けるようになりました」、「膝痛、腰痛、肩こりが緩和されました」など、効果を感じているというメッセージや、番組を継続してほしいという要望が多く届きました。

また、他にも、「二人の軽妙なやり取りがこの番組を見続ける大きな要因となっています」という方もいらっしゃるようです。

新しい講座も楽しみながら、 体操を毎日の習慣にしていただけるよう工夫しています。リハボーイズ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階