現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年11月 > コウベdeカイゴ~介護人材確保プロジェクトが始動します!~

更新日:2020年11月26日

コウベdeカイゴ~介護人材確保プロジェクトが始動します!~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年11月26日)
介護・障害福祉サービスを提供する介護の仕事は、コロナ禍において市民の日常生活に欠かせないサービスとしての重要性が増していますが、人材不足が喫緊の課題です。一方、コロナの影響により離職された方への支援についても緊急的な対応が必要です。
そこで、コロナの影響により離職された方が介護業界へ就職した際の就職祝い金・定着一時金支給制度を創設するとともに、介護人材確保プロジェクト「コウベdeカイゴ」と題して介護業界への参入を促進します。

1.新規就職者への就職祝い金・定着一時金の支給

コロナの影響により離職された方が介護の仕事で就職された場合に一時金や祝い金を支給。(※本事業は11月議会の議決を踏まえて実施。)

(1)就職祝い金

コロナの影響により離職された方が、神戸市内の介護事業所又は障害福祉サービス事業所に正規又はフルタイム職員として採用された場合、「祝い金」として1人10,000円を支給

(2)定着一時金

コロナの影響により離職された方が、神戸市内の福祉サービス事業所に正規又はフルタイム職員として採用され、その後6ヶ月間就労継続した際には、「定着一時金」として1人100,000円を支給

(3)事業期間

就職祝い金は、本年12月より令和3年3月末日までに採用された方

定着一時金は、本年6月から令和3年3月末日までに採用された方

(4)広報

「コウベdeカイゴ」リーフレットを作成し、制度の案内に加え、他業種からの転職者の声を紹介し介護職の魅力を発信。就労支援を担う区役所(生活支援課)等で幅広く周知

(5)申請方法

採用された施設を通じて申請(12月中旬受付開始予定)

2.「コウベdeカイゴ」事業の全体像

(1)新規就職者への就職祝い金・定着一時金の支給(再掲)

(2)新規就職者への継続的な支援

令和2年度以前より進めてきた施策を継続的に実施し、介護人材確保を支援します。

  • 市独自の高齢者介護士認定制度、合格者にはキャリアアップ支援金(10,000円/月・最長5年)を支給
  • 新規採用介護・障害福祉サービス職員への住宅手当補助(14,000円/月・最長3年)

(3)区役所における求人情報の提供

  • 区役所の生活支援課において、生活困窮者や生活保護受給者への就労支援を実施するにあたり、窓口で就職祝い金や定着一時金の対象となる求人についての情報や、その他の就職情報専用サイト(KOBE JOB PORT、県福祉人材センター)を活用
  • 介護分野の情報発信や、職場体験参加(令和2年度中は交通費として2,000円支給)・求人登録支援を実施

(4)介護職の魅力発信

介護の仕事を選んでいただけるよう、仕事の魅力発信や、はたらきやすい職場環境づくりに取り組みます。

  • 「コウベdeカイゴ」リーフレット作成(再掲・他業種からの転職者の声紹介など)
  • 合同就職説明会(市主催1月予定)へ介護事業者の出展促進
  • 介護・障害福祉サービス事業所のICT化による業務負担軽減を推進

 

これらの事業を進めることで、離職された方に早期の再就職を応援するとともに、継続的な支援を実施することで介護・障害サービス事業所の人材不足に対応し、市民への良質なサービス提供体制を確保します。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局介護保険課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階

福祉局障害者支援課 

〒650-0031 神戸市中央区東町113-1 大神ビル7階 704号室

福祉局くらし支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階