現在位置

ホーム > 防災・安全 > 防犯

更新日:2021年7月29日

防犯

ここから本文です。

市内の刑法犯の認知件数は、平成14年のピーク時から年々減少していますが、近年、全国的に凶悪な犯罪や市民に身近な犯罪が発生しています。
犯罪を防止するためには、「自分の身は自分で守る」、「自分たちのまちは自分たちで守る」という心がけが何より大切です。
このページでは本市の様々な防犯対策を掲載しています。

防犯推進イラスト

刑法犯認知件数推移

防犯カメラが地域の安全を見守ります!

神戸市防犯カメラ直営設置事業

子どもや女性に対する犯罪の防止を主な目的として、市が約2,000台の防犯カメラを通学路や主要駅周辺などに重点設置します。

神戸市防犯カメラ設置補助事業

地域での防犯活動を支援するため、自治会などの地域団体が設置する防犯カメラに対して補助する「防犯カメラ設置補助事業」を実施します。

神戸市防犯カメラ更新補助事業

地域の皆さまが防犯カメラ設置補助事業を活用して設置した防犯カメラを今後も維持し、将来に渡って地域防犯に役立てていただくため、防犯カメラを更新する際の費用の一部を補助します。

青色防犯パトロール活動の支援

青色回転灯と広報用マグネットシート市内で青色防犯パトロール活動を行う団体に、活動回数に応じた報奨金交付や青色回転灯などの物品を支給し、地域での防犯活動を支援します。

神戸防犯協会

安全で安心なまちづくりを推進するため、市民、事業者、関係機関等と情報交換や連携を進めており、その一環として、防犯啓発活動等を実施している神戸防犯協会と連携しています。

神戸市における暴力団の排除の推進

暴力団は恐喝、賭博、拳銃や麻薬の密売といった犯罪行為を行う集団です。対立抗争等で拳銃を発砲し、一般市民を巻き込む事件も発生しています。最近は、債権取立てや示談交渉等市民の経済生活にまで深く根を広げ、資金源としているといわれる中で、市民の安全で平穏な生活を守るためには、警察による取締りに加えて、市民、事業者、行政が一体となって、社会全体で排除を進めていくことが必要です。
市では、市民・事業者と協働して、兵庫県警や暴力団追放兵庫県民センターとの連携のもと、暴力団による不当な影響を排除していきます。

犯罪被害者等への支援について

犯罪被害者やそのご家族が一日も早く平穏な日常生活を取り戻していただくための総合的な支援を実施しています。

青少年が安心して暮らせるまちに〈青少年育成協議会〉

あいさつや車でのパトロールを通じて地域の安全・安心を確保し、青少年を守り育てる活動を実施しています。

こどもへの防犯指導について

日頃からこどもたちに防犯指導を徹底して行なうことはもちろん、被害防止には地域の人々の力が何より必要です。
大人たちの温かな目配りと気配りでこどもたちを犯罪から守りましょう。

関連リンク

兵庫県警察

暴力団追放兵庫県民センター

警察庁

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室地域安全推進担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階