現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年4月 > AIアナウンサーによる医療従事者応援番組「ブルーライトメッセージ」

更新日:2020年4月28日

AIアナウンサーによる医療従事者応援番組「ブルーライトメッセージ」

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年4月28日)
医療従事者を応援する市民等からのメッセージを、SNSから収集し、AIアナウンサーが読み上げる音声プログラム「ブルーライトメッセージ」を、ポートライナー「医療センター駅」で、朝夕の時間帯に流します。
市民の皆さんも、ぜひ医療従事者を応援するメッセージをお寄せください。

1.日時

令和2年4月30日(木曜日)から5月14日(木曜日)まで

毎日7時00分、7時30分、8時00分、8時30分、17時30分、18時00分、18時30分、19時00分、20時00分、21時00分

1番組15分。番組内容は、3~4日毎に更新。

この音源を聞いていただいたり、ダウンロード出来るWEBページ作成も検討。

2.放送する応援メッセージ

下記の2つのハッシュタグ「#」でTwitterに発信されたメッセージから選んで放送します。

①#医療従事者に感謝

②#神戸の医療従事者に感謝

3.実施事業者

TOA株式会社(下記参照)

株式会社Spectee(スペクティ)(下記参照)

神戸新交通株式会社

 

<参考>

TOA株式会社

神戸市のポートアイランドに本社をおく、業務用・プロ用の音響機器と、防犯・監視カメラなどセキュリティ機器の専門メーカー。1934年の創業以来、現在は国内外に拠点を構え、世界120ヵ国以上に商品を供給。

本プロジェクトでは、医療センター駅構内に、番組を放送する音響設備を無償で貸与・設置いただきます。

 

株式会社Spectee(スペクティ)

AIをはじめとした最新のテクノロジーを駆使して、世界中から情報を集め、解析し、もっとも信頼性の高い情報を、どこよりも早く、最適な状態で届けていくSpectee。同社のSNSリアルタイム緊急情報配信サービスは、国内300社以上、世界40か国に採用されています。

本プロジェクトでは、人に近い自然な発音やアクセント、イントネーションを習得し、原稿を自動で読み上げるバーチャル・アナウンサー「荒木ゆい」により番組プログラムを作成いただきます。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室総務担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階