現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > CONPASにより阪神港のコンテナ輸送を効率化します~3月23日第1回試験運用を実施~

更新日:2021年3月18日

CONPASにより阪神港のコンテナ輸送を効率化します~3月23日第1回試験運用を実施~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月18日)
横浜港で試験運用を重ねているゲート処理等の効率化、セキュリティの向上を図るための新・港湾情報システム(名称「コンテナ・ファスト・パス(略称:コンパス)」以下:CONPAS)の阪神港(神戸港、大阪港)での導入に向けて、第1回目の試験運用を実施します。

日程・場所

日時

令和3年3月23日(火曜)14時30分~

場所

神戸港PC-18 上組ターミナル(兵庫県神戸市中央区港島8丁目)

プレス対応

当日14時頃より現地にて試験運用概要の説明を予定しています。詳細な集合場所は取材申込いただいた連絡先に送付いたします。資料のみご希望の場合は23日中にデータを送付いたします。

当日の取材について

・報道関係者を対象に当日の取材を受け付けます。

・当日の取材、資料送付をご希望される場合は、事前に別紙「取材申込書」に記入のうえ、3月22日(月曜)12時までに以下の申込み先までFaxまたはメールにてお送りください。

・当日現地確認できるのは、PSカード読込状況、ドライバーの端末画面(写真配布)です。

その他の画面や登録作業状況については資料にて説明させていただきます。

取材申込み先

取材申込書のダウンロードはこちら(WORD:21KB)

近畿地方整備局クルーズ振興・港湾物流企画室あて

FAX:078-325-8288

メール:pa.kkr-logpress@gxb.mlit.go.jp

今回の試験運用内容

項目

第1回阪神港におけるCONPAS試験運用

場所

神戸港PC18コンテナターミナル

時期

令和3年3月23日(火曜)

対象車両

搬出(実入り)のみ(輸入貨物を想定)

実施内容

非営業コンテナとダミー貨物データを用いた、一連のシステムフローの動作確認および効果検証

【CONPASの一連のフロー】

(1)事前予約枠の登録

(2)PSカード受付(ハンディ端末読取)

(3)出入管理情報システムとの連携

(4)CONPAS専用携帯端末の行先表示

【想定される効果】

(1)ゲート処理時間の削減

(2)搬出入不可の車両の来場削減

予約枠設定

朝一/日中/宵積みの3枠

端末イメージ

配車イメージ

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

港湾局物流戦略課 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル7階