現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化施設 > 神戸市立小磯記念美術館 > 美術館からのお知らせ・イベント情報 > 記者発表2020年9月 > 特別展「わが青春の上杜会―昭和を生きた洋画家たち」開催

更新日:2020年9月4日

特別展「わが青春の上杜会―昭和を生きた洋画家たち」開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年9月4日)

特別展「わが青春の上杜会―昭和を生きた洋画家たち」の開催

 

展覧会の内容

卒業写真「上杜会(じょうとかい)」は、東京美術学校始まって以来の“秀才揃い”と称された1927年卒業生らが結成した美術団体です。この団体名は、彼らが学んだ美術学校の建つ上野の森(杜)に由来しています。本展には、当館が顕彰する小磯良平をはじめとして「上杜会」の継続と発展に尽力した小堀四郎、荻須高徳や岡田謙三、猪熊弦一郎など海外でも活躍した画家、そして卒業後地元の美術活動や後進の育成に尽力した画家たちの作品が、絵画の“同窓会”として集結します。彼らの作品や資料を通して、昭和のはじまりから戦中戦後、そして平成に至る激動の時代を駆け抜けた洋画家たちの軌跡を辿ります。

 

小磯良平、着物の女、1936年、当館蔵1.

中西利雄、婦人帽子店、1935年、東京国立近代美術館蔵2.

猪熊弦一郎、長江埠の子供達、1941年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵3.

岡田謙三、入江、1973年、京都国立近代美術館蔵4.

小堀四郎、滝・動中静(命の振源)、1991年、豊田市美術館蔵5.

牛島憲之、青田、1992年、個人蔵6.

※11月10日(火曜日)から展示替えがございます。

同時開催 小磯良平作品選Ⅲ

収蔵品の中から、特別展に関連する小磯良平作品を約15点展示します。

開催概要

会期:令和2年10月3日(土曜日)~令和2年12月13日(日曜日)

会場:神戸市立小磯記念美術館 〒658-0032神戸市東灘区向洋町中5丁目7

※六甲ライナー「アイランド北口(小磯記念美術館前)駅」下車すぐ

開館時間:10時00分から17時00分(入館の受付は16時30分まで)

休館日:毎週月曜日〔ただし11月23日(月・祝)は開館〕、11月24日

入館料:一般・800(600)円、大学生・400(200)円 ※()内は30名以上の団体料金

高校生以下・無料 ※学生証、生徒手帳などを持参ください。

神戸市在住の65歳以上の方・400円 ※住所と年齢が証明できるものを持参下さい。

障がい者手帳など持参の方・無料

主催

神戸市立小磯記念美術館、豊田市美術館

後援

NHK神戸放送局、神戸新交通株式会社

会期中のイベント

特別展関連講座、学芸員によるギャラリーツアー、子供向けワークショップについては、別途プレスリリースを行います。開催情報については、公式HPやSNSでもご確認いただけます。

写真:昭和2年東京美術学校西洋画科卒業写真、世田谷美術館蔵/1.小磯良平《着物の女》1936年、当館蔵/2.中西利雄《婦人帽子店》1935年、東京国立近代美術館蔵※半期展示/3.猪熊弦一郎《長江埠の子供達》1941年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵©The MIMOCA Foundation/4.岡田謙三《入江》1973年、京都国立近代美術館蔵/5.小堀四郎《滝・動中静(命の振源)》1991年、豊田市美術館蔵/6.牛島憲之《青田》1992年、個人蔵

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7