現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 小磯記念美術館コレクション企画展示「小磯・ポーズ・デッサン」の開催

更新日:2020年3月3日

小磯記念美術館コレクション企画展示「小磯・ポーズ・デッサン」の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月4日)

小磯記念美術館、コレクション企画展示「小磯・ポーズ・デッサン」の開催と八千草薫氏遺贈作品の公開

コレクション企画展示「小磯・ポーズ・デッサン」

 

 

 

小磯良平《休息する踊り子》1939年、鉛筆・紙、当館蔵

ポール・ヴァレリー著『ドガ・ダンス・デッサン』にちなみ、小磯良平が長きにわたる画業で残してきた多彩なデッサン群を特集します。

『ドガ・ダンス・デッサン』は、著作家ヴァレリーによる画家エドガー・ドガの批評本として知られ、小磯も愛読していた一冊です。小磯は画家の中でも、特にドガのデッサンを愛し、また制作においても大きな影響を受けていました。本展では、小磯とドガの制作態度に通じる部分を、ヴァレリーの言葉を借りながら、作品と共に紹介します。「デッサンの画家」とも称された小磯の卓越した描線の魅力をお楽しみください。(展示室1・2)

5月26日(火曜日)から、大幅な展示替えがございます。

同時開催《婦人像》受贈記念、小磯良平作品選Ⅰ

小磯良平《婦人像》1956年、油彩・キャンバス、新収蔵作品

 

今年、新収蔵品として当館に迎えた、八千草薫氏遺贈の肖像画を特集展示します。(展示室3)

開催概要

会場:令和2年4月10日(金曜日)~令和2年7月12日(日曜日)

会場:神戸市立小磯記念美術館

〒658-0032神戸市東灘区向洋町中5丁目7

(六甲ライナー「アイランド北口(小磯記念美術館前)駅」下車すぐ)

開館時間:10時00分から17時00分(入館の受付は16時30分まで)

休館日:毎週月曜日、5月7日〔ただし5月4日(月曜日・祝日)は開館〕

入館料:一般・200(160)円、大学生・100(50)円…()内は30名以上の団体料金

高校生以下・無料(学生証、生徒手帳などを持参ください。)

神戸市在住の65歳以上の方・無料(住所と年齢が証明できるものを持参下さい。)

障がい者手帳など持参の方・無料

また、神戸ゆかりの美術館、神戸ファッション美術館の当日券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます。

主催

神戸市立小磯記念美術館

会期中のイベント

ギャラリーツアー

学芸員と一緒に作品を鑑賞するツアーです。

毎週日曜日、午後2時から約30分間開催(ギャラリーツアーの実施は、イベント等のある日をのぞきます。)

なお、4月12日(日曜日)午後2時からは、八千草薫氏遺贈作品《婦人像》そのものの魅力や制作経緯、また寄贈に至るまでの経緯について詳しく解説します。

子供向けワークショップ(参加無料・要入館券)

要申込み(申込み方法は別途チラシやホームページをご覧ください)

募集定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

美術館大作戦1、小磯さんのスケッチ会

小磯良平作品の前でお話をしてから、お気に入りの作品をスケッチします。参加者にはスケッチブックをプレゼント。

日時:5月23日(土曜日)午後2時~4時半

対象:4歳~中学生(未就学児は大人同伴)

定員:20名(申込締切5月13日必着)

 

美術館大作戦2、豆本をつくろう

展示室で描いたお気に入りスケッチをもとに、手のひらサイズのミニ絵本や図鑑をつくります。

日時:6月27日(土曜日)午後2時~4時半

対象:4歳~中学生(未就学児は大人同伴)

定員:20名(申込締切6月17日必着)

小磯マンスリーコンサート

毎月第3日曜日の午後2時から定期開催中。

展示の紹介

すべて当館蔵の小磯良平作品です。

踊り子1940年頃《踊り子》1940年頃、油彩・キャンバス

《横向きの婦人》1949年、木炭・紙

腰掛ける男1955年《腰掛ける男》1955年、サンギーヌ・紙

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7