現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年1月 > 小磯記念美術館マンスリーコンサートの開催―絵と音の共演―

更新日:2020年1月9日

小磯記念美術館マンスリーコンサートの開催―絵と音の共演―

ここから本文です。

小磯記念美術館外観

記者資料提供(令和2年1月9日)
教育委員会事務局
小磯記念美術館

1.マンスリーコンサートの概要

 美術・音楽の双方の視点から展示中の小磯良平作品の紹介をコンサート&トークショー形式で行うことにより、作品により親近感をもってもらうことを目的に、毎月1回開催しています。コンサートイメージ(index)

 

2.内容

(1)構成

 コンサート毎に小磯良平作品1点を選び、当館学芸員による作品解説や歴史的背景、小磯良平にまつわる話と、音楽プロデューサー(南出卓氏)による音楽的視点から見た作品への印象や関連性をトークショー形式で行い、コンサートの曲目に結びつけていきます。

 曲目は、クラシック音楽を中心に、クラシックを普段聴かない人にとってもポピュラーな楽曲から、熱心なクラシックファンにも楽しめる楽曲を組み込んだプログラム構成としています。

(2)開催時期

 毎月1回、第3日曜日、午後2時から1時間程度

(3)出演者

 2台のピアノ

 

3.1月の開催内容

開催日 

令和2年1月19日(日曜)

  午後2時から

出演者 

 原明日香(ピアノ)演奏者

 山田千愛(ピアノ)

 

4.今月の小磯良平作品

小磯良平《荷馬車のある風景》1946年荷馬車のある風景

終戦後、おそらく画家仲間の疎開先を訪れた際に制作されたと推測される風景スケッチ。荷馬車に焦点をあてるとともに、後景の建物を空気遠近法的にとらえることで、簡潔なスケッチながら見事な奥行きを表現している。今回は、素早くも意識的に描写された、ゆったりと流れる雲の描き方にも着目したい。

5.アクセス及び入館料

美術館へは六甲ライナーが便利です。

ロビーコンサートは無料でご覧いただけます。

(展示室・アトリエ等をご観覧される場合別途入館料が必要です)

入館料

一般800円

大学生 400円   

高校生以下 無料

六甲ライナーとのセット券(大人券のみ900円)

入館料と六甲ライナーの往復乗車券がセット(六甲ライナー住吉駅、アズナスエクスプレス魚崎店(阪神電車魚崎駅構内)で特別展開催期間中販売)

開催中の展覧会

 特別展「黄昏の絵画たち―近代絵画に描かれた夕日・夕景― 

 令和元年11月16日(土曜)から令和2年1月26日(日曜)開催 

 休館日 毎週月曜日、1月14日(ただし1月13日(月曜)は開館)

マンスリーコンサートホームページ(外部リンク)

関連資料(マンスリーコンサートチラシ)(PDF:1,294KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7