現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年12月 > 小磯記念美術館コレクション企画展「人形(ひと)を描く―小磯良平と西洋人形」の開催

更新日:2019年12月17日

小磯記念美術館コレクション企画展「人形(ひと)を描く―小磯良平と西洋人形」の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年12月17日)
神戸市教育委員会事務局博物館 小磯記念美術館

1.コレクション企画展示「人形(ひと)を描く―小磯良平と西洋人形―」

小磯良平《オレンジ色のドレスの人形》1977年 リトグラフ・紙 当館蔵

本展では、小磯が人形を描いた作品を特集します。当館中庭に移築された小磯良平のアトリエをのぞくと、椅子の上に小さく腰かけた西洋人形が目に入ります。小磯が生前に持っていた人形たちは、アトリエに残っていた絵画と同様に、その一部が現在当館に保管されています。

小磯の作品の中で、色とりどりのコスチュームを身に着けてまるで人間のようにふるまう人形たち。人物画家・小磯は人形というモチーフにどのように向き合ったのでしょうか。小磯良平が生前所有していた人形をあわせて展示します。人と静物があゆみよる、不思議な“あわい”の世界をお楽しみください。(展示室1)

2.同時開催

小磯良平《適齢期 第204回》1967年 当館蔵

展示室2:新聞連載小説挿絵原画展「適齢期」(四)

小磯良平《適齢期 第204回》【白川渥・著】1967年 当館蔵

白川渥・著「適齢期」の挿絵原画を展示します。

展示室3:小磯良平作品選5

当館所蔵の小磯良平作品を展示します。

3.開催概要

会期

令和2年2月6日(木曜日)~令和2年4月5日(日曜日)

会場

神戸市立小磯記念美術館 〒658-0032神戸市東灘区向洋町中5丁目7※六甲ライナー「アイランド北口(小磯記念美術館前)駅」下車すぐ

開館時間

10時00分から17時00分(入館の受付は16時30分まで)

休館日

毎週月曜日、2月25日〔ただし2月24日(月・祝)は開館〕

入館料

一般・200(160)円、大学生・100(50)円※()内は30名以上の団体料金

高校生以下・無料※学生証、生徒手帳などを持参ください

神戸市在住の65歳以上の方・無料※住所と年齢が証明できるものを持参下さい

障がい者手帳など持参の方・無料

神戸ゆかりの美術館、神戸ファッション美術館の当日券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます。

4.主催

神戸市立小磯記念美術館

5.会期中のイベント

ギャラリーツアー

学芸員と一緒に作品を鑑賞するツアー

毎週日曜日 午後2時から約30分間※イベント等のある日をのぞきます。

6.子供向けワークショップ(参加無料・要入館券)

要申込み(申込み方法は別途チラシやホームページをご覧ください)

募集定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

美術館大作戦7人形を描こう

小磯さんの絵のモデルになったフランス人形を、パステル・イーゼルなどの本格的な画材を使って描いてみよう。

日時:2020年2月15日(土曜日)14時~16時半

対象:4歳~中学生(未就学児は大人同伴)

定員:16名(申込締切2月5日必着)

美術館大作戦8人形型ランプを作ろう

いろいろな材料を使って、ドレスがほのかに光る人形型ランプを作ろう。

日時:2020年3月14日(土曜日)14時~16時半

対象:4歳~中学生(未就学児は大人同伴)

定員:20名(申込締切2月4日必着)

申込方法

往復はがきまたは返信可能なFAXに①~⑥を記入。

①講座名②名前③学年④学校園名⑤電話番号⑥FAX番号※募集定員を超えた場合は抽選とします。

7.小磯マンスリーコンサート

毎月第3日曜日の午後2時から定期開催中。

8.展示の紹介

すべて当館蔵の小磯良平作品です。

《紫のガウンの人形A》1984年 リトグラフ・紙 1984年

《帽子の外国婦人》1982年 パステル・紙

《リュートと人形》制作年不詳 油彩・キャンバス
《リュートとバイオリン》1970年代 油彩・キャンバス

関連資料

チラシ(PDF:500KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7