ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年3月 > 開館15周年記念 企画展「ゆかりの美術館 ギフトの物語」の開催

最終更新日:2022年3月31日

開館15周年記念 企画展「ゆかりの美術館 ギフトの物語」の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年3月31日)

開館15周年記念 企画展「ゆかりの美術館 ギフトの物語~市役所・北野から、震災をこえて~」

1.展示内容

 神戸ゆかりの美術館は、神戸ファッション美術館の北側展示室を改修して2007年3月23日に開館しました。市役所や文化ホール、相楽園会館、文書館、勤労会館、区民センターなどの施設に飾られている郷土作家の作品を、市民に見ていただけるよう集約しました。

 以来、ゆかりの作家の受贈記念展や企画展を年4回開催してきた当館は、小磯記念美術館との重複を避けて、ここ数年アニメーション、漫画原画、絵本原画の展覧会も開催し、より幅広い年代の人々に楽しんでいただけるよう運営しています。

 開館から15周年を迎える本展では、最近解体された神戸市役所2号館(1957年竣工)が出来た頃、画家たちが神戸市へ贈った絵画を最初に展示し、作品が美術館へやって来た道(舞台裏)を紹介します。

 また、1988年から震災まで北野の観光振興と文化の拠点であった「ギャラリーWhite House」が収集した絵画と彫刻、阪神・淡路大震災後にレスキューされた小松益喜の作品、震災を描いた新収蔵品、神戸市文化賞を受賞した作家たちの寄贈品など100点以上を展示します(会期中、一部展示替します)。

2.主 催

神戸ゆかりの美術館

3.会期等

令和4年4月23日(土)~6月26日(日)
※ 前期:4月23日(土)~5月22日(日)、後期:5月24日(火)~6月26日(日)

開館時間  午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日   毎週月曜日

4.入館料

一般200円(150円)、大学生100円(50円)、神戸市居住の65歳以上の方および高校生以下は無料

※( )内は30名以上の団体割引料金 

※神戸市居住の65歳以上の方は住所・年齢のわかるもの、大学生・高校生・中学生は学生証・生徒手帳の提示が必要

5.その他

チラシ(PDF:878KB)
広報画像用リスト(PDF:171KB)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7