現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化施設 > 神戸市立小磯記念美術館 > 神戸市立小磯記念美術館:展覧会 > 神戸市立小磯記念美術館:特別展「神戸市立博物館所蔵 洋画セレクション展」の開催

更新日:2020年8月12日

神戸市立小磯記念美術館:特別展「神戸市立博物館所蔵 洋画セレクション展」の開催

ここから本文です。

特別展「神戸市立博物館所蔵 洋画セレクション展」の開催

◆展覧会の内容◆  展覧会チラシ(PDF形式:1427KB)

神戸市立博物館のリニューアル休館にあたり、同館に収蔵されている金山平三、林重義、小磯良平、田村孝之介、川端謹次らの近代洋画に、明治初期に活躍した山本芳翠、高橋由一の油彩画、チャールズ・ワーグマン、エドアルド・キヨッソーネ、C.B.バーナードら来日した西欧人の作品などを加えた、約100点を紹介します。近代の美術家たちの作品群とともに、描かれた数々の懐かしい神戸風景や神戸ゆかりの芸術家の作品からかもし出されるモダンな空気をお楽しみください。(会期中、5月29日(火曜)以降一部作品を展示替えします)

また「小磯良平作品選Ⅰ―油彩―」では、『特集・静物画、室内画』と『小磯芸術の流れ』と題し、約30点の小磯良平の油彩作品を紹介します。

◆主な展示作品◆

川端謹次《潮風》1955年
油彩・キャンバス 神戸市蔵

田村孝之介《婦人像(黒いドレス)》1955年頃
油彩・キャンバス 神戸市立博物館蔵

小磯良平《池長美術館長像》1944年
油彩・キャンバス
神戸市立博物館蔵(池長孟コレクション)

川西英《元町初夏》1949年
木版色摺・紙 神戸市立博物館蔵

会期、会場等

会場

会場:神戸市立小磯記念美術館
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7
電話:078-857-5880

*六甲ライナー「アイランド北口」駅下車すぐ
http://www.city.kobe.lg.jp/koisomuseum/

会期

2018年7月14日(土曜日)~2018年9月2日(日曜日)

休館日

毎週月曜日(ただし7月16日は開館)、7月17日(火曜日)

開館時間

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料

一般800円(640円)、大学生400円(320円)
※()内は30名以上の団体料金
※神戸市老人福祉手帳(すこやかカード)持参の方は400円
※障がい者手帳持参の方は無料。
※高校生以下の方は学生証などの提示により無料

主催

神戸市立小磯記念美術館、神戸新聞社

後援

神戸新交通株式会社、サンテレビジョン、ラジオ関西

協賛

一般財団法人みなと銀行文化振興財団

会期中のイベント

ギャラリーツアー

学芸員と一緒に作品を鑑賞するツアー
毎週日曜日 午後2時から(約30分間)
※イベントなどのある場合は、除きます。

アトリエ解説

小磯良平のアトリエを巡る作品について、美術館インフォメーションスタッフが解説
開館日 ①午前11時から ②午後2時から(各回約20分間)
※イベントなどのある場合は、時間を変更しています。

マンスリーコンサート

毎月第3日曜日 午後2時から
参加無料(ただし入館料が必要です)

子供のための美術講座

美術館大作戦1「かみねんどでミニフレームを作ろう」(要申込)

額縁のいろいろな形や模様に注目して、紙粘土でミニ額縁をつくろう。
金色や銀色にすることもできるよ。
(はがきが入るサイズです)
対象:4歳~小・中学生(未就学児は保護者同伴)
定員:20名
日時:5月26日(土曜)午後2時から4時(申込締切5月16日必着)
場所:当館2階絵画学習室

※「美術館大作戦1(5月26日開催)」は、大変好評につき、定員に達しました。

美術館大作戦2「豆本を作ろう」(要申込)

いろいろな作家の作品を展示室で見た後、お気に入りの色・形を探して自分だけの絵本を作りましょう。
(てのひらにのるくらいのミニ本だよ)
対象:4歳~小・中学生(未就学児は保護者同伴)
定員:20名
日時:6月23日(土曜)午後2時から4時(申込締切6月13日必着)
場所:当館2階絵画学習室
申込方法は、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7