現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 水彩画家 生誕120年 別車博資展の会期延長

更新日:2020年6月4日

水彩画家 生誕120年 別車博資展の会期延長

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月4日)
文化スポーツ局
神戸ゆかりの美術館

生誕120年 別車博資展 ~ゆかりの人々とともに~ の会期延長

新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、5月18日まで臨時閉館しておりましたが、

展覧会の開催期間を変更し開館します。

 

1.展示内容

別車博資(べっしゃ・ひろすけ1900~76)は神戸市兵庫区出身の水彩画家です。二科、その後は一水会、日本水彩画会へ出品を続けました。兵庫県立工業学校(現・県立兵庫工業高等学校)に学び、同校の教員を勤めました。

神戸市にはご遺族より複数回、作品や旧蔵品が数多く寄贈されました。日本水彩画史の重鎮として、2000年に「生誕100年展」が神戸市立博物館ギャラリーで開催されました。その後は美術館において本格的な展覧会は開催されていません。

神戸ゆかりの美術館では、兵庫県立兵庫工業高等学校の弟子筋にあたる神戸市文化賞受賞作家・上尾忠生と田中徳喜の両氏の作品を収蔵しています。このたび、別車博資の生誕120年企画として、神戸市立博物館と個人のコレクション、そして彼をとりまく作家たちとあわせて約130点の作品を展示します。(前後期で作品を入れ替えます。)

2.主催 

神戸ゆかりの美術館

3.会期

令和2年5月19日(火)~7月26日(日)

 * 前期:5月19日(火)~6月21日(日) ・ 後期:6月23日(火)~7月26日(日)

4.開館時間等

午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで) 

休館日 月曜日(祝日の場合は開館)

5.入館料

一般200円(150円) 大学生・65歳以上の方100円(50円)

※ ( )内は30名以上の団体割引料金 

※ 学生証・生徒手帳を提示の小中高校生、神戸市内居住の65歳以上の方は無料

6.次回展示会(予定)

企画展「風そよぐ-川端謹次、小松益喜と神戸ゆかりの画家たち-」

会期:8月1日(土)~30日(日)

7.関連資料

別車博資展チラシ(PDF:642KB)

次回展示会チラシ(PDF:95KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局博物館小磯記念美術館 

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中5丁目7