現在位置

ホーム > 市政情報 > 行財政改革 > 公の施設の指定管理者制度 > 神戸市の取り組み状況

更新日:2019年11月1日

神戸市の取り組み状況

ここから本文です。

神戸市では、より円滑な制度導入及び適切な運用に資するため、平成16年3月に「公の施設の指定管理者制度運用指針」を策定し、民間ノウハウの活用と競争原理の導入により市民サービスの向上等を図ることを目的として、原則公募により指定管理者制度の導入を進めてきました。この結果、平成30年4月1日現在の指定管理者による管理施設総数は902施設(公募546施設、非公募356施設)となっています。運用指針及び具体的な導入状況は以下のとおりです。

指定管理者の団体種別導入施設数(平成31年4月1日現在)

指定管理者の団体種別 公募 非公募
株式会社など※ 472 272 744
外郭団体を含む共同事業体 16 9 25
外郭団体 53 61 114
541 342 883

※「株式会社など」には民間社会福祉法人、学校法人、NPO、地域団体等を含む。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局業務改革課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館13階