更新日:2020年8月7日

中央消防署 査察係

ここから本文です。

中央査察係トップ画面

  • 新規更新アイコン[7月30日]パンフレットの追加
  • [7月21日]新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う窓口業務について(追加)
  • [10月1日]小規模飲食店等における消火器の設置基準が強化されます(2019年10月1日施行)

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策び伴う窓口業務について

 

査察係の業務

査察係は、建物や危険物施設に立ち入り、消火器、自動火災報知設備、スプリンクラー設備などの消防用設備の設置状況や避難経路の管理状況等の防火管理状況を検査します。また、立ち入り検査等で指摘した違反事項が改修される見込みがない場合には、警告や法律に基づく処分である命令を行う違反処理も実施しています。そのほかにも危険物事務やケアライン119、防災学習についてなどの業務も行っています。

 

講習等について

自衛消防業務講習や、防災技能講習、防火管理講習についての詳しくは見出しをクリックして

詳細ページをご覧ください。

 

小規模飲食店等における消火器の設置基準が強化されています

平成28年12月に発生した糸魚川市大規模火災を契機に消防法令が改正され、火を使用する設備又は器具を設けた飲食店等については、延べ面積にかかわらず、原則として消火器の設置と定期的な点検報告が義務付けられました(令和元年10月1日~)

 

ホテル旅館の安全情報について

ホテル旅館の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、貴重な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関からマークを交付し、そのマークを表示します表示制度

 

 

防火対象物の消防違反について

消防機関が、立ち入り検査等により火災予防上の危険や、消防法令違反を把握し、その修正等の命令を発した場合などには、消防法(昭和23年法律第186号)に基づきその旨を公表しなければなりません。神戸市消防局では、これらの建物を利用される方や近隣住民など市民の皆さまの安全のためにホームページ上で建物などの所在地や名称などをお知らせしています。

 

緊急通報システムケアライン119について

防機関ケアライン119とは、家庭内で急病・火災・事故などの緊急時に周りに助けを求めることが難しい方々を「地域の方々」と「消防」が協力して救護するためのシステムです。

一人暮らしのお年寄りや障がいがある方が、氏名、住所、既往症やかかりつけ病院、緊急時にかけつけてくれる協力者などの情報をあらかじめ登録しておくことができます。

 

届出・提出書類について

見学の申込についてや、建物関係書類それに伴う記入例等を掲載しています。

 

パンフレット・チラシについて

設備点検チラシ(PDF:197KB)消防用設備等の点検についてチラシ(PDF:4,483KB)防火対象物点検についてのチラシ(PDF:2,344KB)

厨房の維持管理についてのチラシ(PDF:477KB)小規模飲食店等消火器設置チラシ(PDF:2,688KB)グリーンドアのチラシ(PDF:324KB)

自家発電設備の点検方法改正についてチラシ(PDF:337KB)自衛消防訓練の電子申請に伴うチラシ(PDF:850KB)既存対象物で改装工事や開業をご検討の皆様へチラシ(PDF:263KB)

 

その他リーフレット一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局中央消防署総務査察課 

〒651-0088 神戸市中央区小野柄通2-1-19