現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > スポーツ > 2019年度 バックナンバー

更新日:2021年7月2日

2019年度 バックナンバー

ここから本文です。

久光製薬スプリングス「2018-19V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 優勝」に対する表敬訪問及び神戸市スポーツ特別賞の贈呈が行なわれました

久光製薬スプリングスの市長表敬及び神戸市スポーツ特別賞の贈呈「2018-19V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN」で2季連続7度目の優勝を果たした久光製薬スプリングスが表敬訪問を行い、併せて神戸市スポーツ特別賞の贈呈式が行なわれました。
萱嶋部長は「新リーグ初代女王となり、そして平成最後を優勝で飾れた。令和元年も優勝できるように頑張っていきたい。」と語りました。
久元市長は「接戦を制しての優勝、新リーグ初代女王に輝いたことを大変嬉しく思う。東京オリンピックにも、久光製薬スプリングスから、たくさんの選手が選ばれることを期待している。」とエールを送りました。

JA全農杯 全国小学生選抜サッカー決勝大会で全国優勝を果たした「センアーノ神戸ジュニア」の表敬を受けました

センアーノ神戸ジュニアの市長表敬JA全農杯 全国小学生選抜サッカー決勝大会で見事全国優勝を果たした「センアーノ神戸ジュニア」の監督、コーチ、選手のみなさんが久元市長を表敬訪問し、優勝の報告を行いました。
大木監督は「先制された試合やPK戦となった試合でも、チームとしてあきらめず粘り強く戦ったことで優勝できた。」と話しました。
久元市長は「全国8000チームの頂点に立ったことは本当にすごいこと。今後もサッカーと向き合い、サッカーを楽しんで、素晴らしいスポーツマンとして成長していって欲しい。」とエールを送りました。

「三菱重工神戸・高砂硬式野球部」の表敬を受けました

三菱重工神戸・高砂硬式野球部の市長表敬第90回都市対抗野球大会に、神戸市代表として出場する「三菱重工神戸・高砂硬式野球部」が、大会出場に向けての抱負を語るため、久元市長を表敬訪問いたしました。
久元市長から「若手とベテランの歯車がしっかりとかみ合った戦いをしていただき、ぜひ昨年度大会の悔しさを晴らし、優勝していただきたい。」とエールを送りました。 富監督の「6年連続となる本大会出場で、地に足をつけて戦える。チームの成長を楽しみにしながら戦っていきたい。」という言葉に続いて、森山主将から「昨年度の準優勝は喜びよりも悔しさの方が大きかった。昨年度の忘れ物、黒獅子旗(優勝旗)を奪い取りにいきたい。」と抱負が語られました。

神戸弘陵学園高等学校男女サッカー部の表敬を受けました

第98回全国高等学校サッカー選手権大会に4年ぶり10回目の出場を決めた神戸弘陵学園高等学校男子サッカー部と、第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会に5年連続5回目の出場を決めた神戸弘陵学園高等学校女子サッカー部が久元市長を表敬訪問し、学校長、監督、主将よりそれぞれ大会出場の意気込みを伝えました。久元市長は「これまで経験や練習の成果を十分に発揮し、まずは初戦を突破して勢いをつけ、勝ち進んで欲しい。」とエールを送りました。

男子女子

RWC2019JAPANに日本代表として出場した神戸製鋼4選手に神戸市スポーツ特別賞が贈呈されました

ラグビー「ラグビーワールドカップ2019日本大会」において史上初となるベスト8進出を果たした日本代表メンバーで神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属の山中亮平選手、中島イシレリ選手、ラファエレ ティモシー選手、アタアタ・モエアキオラ選手に対して、神戸市スポーツ特別賞の贈呈式が行なわれました。
中島選手は「ワンチームになることを学べた。ラグビーじゃなくてもできるんじゃないかな。」と語り、ラファエレ選手は「グラウンドに出たとき、たくさんの人がジャパンのジャージを着ていて力になった。」と語りました。
また来年1月に開幕するトップリーグでの連覇に向けて、山中選手は「神戸での試合が多いので満員にしたい。」と語り、モエアキオラ選手は「神戸製鋼のジャージで会場を赤く染めましょう。」と語りました。
久元市長は「今年の日本にとって最も明るい話題の一つだった。多くの方々が感動と勇気を与えていただいた。これからの日本のラグビー界も神戸製鋼が引っ張っていってほしい。」とエールを送りました。

 

 

 

「富士通レディース2019」で優勝された古江彩佳選手に神戸市スポーツ特別賞が贈呈されました

古江富士通レディース2019」において史上7人目となるアマチュア選手でのツアー優勝を果たした古江彩佳選手に対して、神戸市スポーツ特別賞の贈呈式が行なわれました。

古江選手は「プロテストの最終調整のつもりで出場した大会で優勝できたので、とても嬉しかった。また、この優勝でプロとなることができ、今シーズンもプロ選手としてツアーに出場できたことも嬉しかった。これからたくさんの方々に応援していただけるように頑張っていきたい。」と語りました。

久元市長は「神戸出身の古江選手がアマチュアとして史上7人目となるツアー優勝という偉業を達成されたことは大変嬉しく、神戸市民にとっても大変喜ばしかった。今後もますます活躍されることを期待している。」とエールを送りました。

 

 

 

ヴィッセル神戸 天皇杯祝勝セレモニー「We are No1!」を開催しました

ヴィハーバーランドのスペースシアターで、ヴィッセル神戸の天皇杯祝勝セレモニー「We are NO.1!」を開催しました。

 選手を代表して、イニエスタ選手が「いよいよ新しいシーズンが始まります。難しい試合もたくさん出てくると思うが、チームとして全力で戦い、皆さんに多くのタイトルの獲得を報告し、喜んでもらえるように頑張りたい。」と決意を語りました。

 神戸市長が、お祝いのメッセージを送るとともに、神戸市スポーツ特別賞を贈呈しました。また、神戸市混声合唱団からのお祝いの合唱や、サポーターを代表してのお祝いメッセージが、セレモニーに華を添えました。会場に集まった約700人の方々と一緒に、ヴィッセル神戸の天皇杯での優勝を祝うとともに、新しく始まるシーズンに向けてエールを送りました。

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局スポーツ企画課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館17階