更新日:2019年11月14日

高齢者の地域見守り活動とは

ここから本文です。

高齢者の地域見守り活動とは・・・

  • ひとりぐらし高齢者等の訪問による安否確認だけではなく、
  • 地域の住民同士、事業者などが、ゆるやかに高齢者を見守ることによって、
  • 高齢者の異変に早期に気づき、
  • 必要な支援につなげていくこと。

つまり・・・
地域に住む誰もが、地域の高齢者を見守ることができます!!

※神戸市と協定を締結した地域の民間事業者も、通常業務の中でさりげない見守り活動に参加いただいています。
※詳細については、「協力事業者による高齢者見守り事業とは」をご覧ください

高齢者の異変とは・・・

  • 新聞が数日分たまっている
  • 数日間、雨戸がしまったまま
  • 最近、元気がない
  • ここ数日、姿を見かけない
  • 会話がかみ合わなくなってきた
  • 季節にそぐわない服装をしている

など

※このような、高齢者の「異変」「ちょっと気がかり」なことに気づいたら・・・
お近くの「あんしんすこやかセンター」(※)まで、ご連絡・ご相談ください。

※あんしんすこやかセンターとは「地域包括支援センター」の愛称で、高齢者の介護や見守りなどに関する総合的な相談窓口です。
市内76か所に設置しており、お住まいの地域により管轄するセンターが決まっています。

神戸市における高齢者見守りのあり方検討会報告書について

平成25年7月より計6回にわたり、高齢者が孤立することなく安心して地域で生活できるように、神戸市における高齢者見守りに関わる事業の検証とあり方、その推進方策に関して、専門的な見地及び市民の立場から幅広く意見を求めることを目的として検討を重ねてきました。
「神戸市における高齢者見守りのあり方検討会」委員長松原一郎氏(関西大学社会学部教授)より市長へ平成26年8月7日に報告書が提出されました。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局高齢福祉部高齢福祉課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階