現在位置

ホーム > ビジネス > 事業者への各種案内・通知 > 介護サービス事業 > お知らせ > 補強コンクリートブロック造等の緊急点検を踏まえた対応について

更新日:2019年12月18日

補強コンクリートブロック造等の緊急点検を踏まえた対応について

ここから本文です。

平成30年(2018年)6月18日の地震によるブロック塀倒壊による死亡事故を受け、兵庫県高齢政策課から6月20日付けで社会福祉施設等におけるコンクリートブロック塀の緊急点検依頼があり、神戸市高齢福祉部では、市内の高齢者施設・介護施設などに点検依頼があり、神戸市高齢福祉部では、市内の高齢者施設・介護保険施設などに点検依頼を行いました。

その結果は県に報告し、点検結果は6月27日に県が公表したところですが、法令違反の恐れがある施設が散見されることから、兵庫県建築指導課から7月2日付けで再度注意喚起の通知が出され、施設自身で再チェックを行い、総合判定が×になった場合は、必要な対応をとるようにとされています。

つきましては、先日点検していただいた施設内のコンクリートブロック塀に関して、再度自己点検をしていただきますようお願いいたします。
今回の依頼についてはブロックなしと回答があった施設にも、念のため送信しております。ご了承ください。

※このたびの再調査は、あくまでも自己点検をお願いするものであり、点検結果や判定結果の市への報告は不要です。
なお、前回調査時の点検票から判定にかかる部分が修正されておりますので、点検票の様式を改めて下記よりダウンロードしていただき、入力のうえ、総合判定を再度ご確認ください。その判定結果に応じて、下記のとおり対応をお願いいたします。

総合判定が「○」の場合

目視による点検では、建築基準法令の規定に抵触していないと思われますが、引き続き経過観察を行うとともに、損傷等が生じた場合には、注意喚起を行うなど施設利用者等の安全の確保に努めてください。

総合判定が「×」の場合

現行の建築基準法令の規定に適合していないと思われますので、以下の対応が必要です。

  1. 安全確保・注意喚起の実施
    次の是正措置が完了するまでの間、早急に見やすい箇所に注意喚起の表示をし、周辺の立入禁止措置を実施するなど、該当箇所における安全を確保してください。
  2. 塀の是正措置について
    該当する塀について、撤去又は補修等適切な是正に努めてください。
    なお、詳細な調査を希望される場合には、専門家にご相談ください。

相談窓口

  • 建築基準法令の規定に関すること
    神戸市住宅都市局 建築指導部 建築安全課 電話322-6408
  • 調査などに応じる専門家に関すること
    一般社団法人兵庫県建築士事務所協会 神戸支部 電話241-2648(ツムギ住研株式会社)

(注)専門家に調査等を依頼する場合、業務の内容や、かかる費用については、あらかじめお互いに協議を行い、合意のうえ行うようにしてください。

依頼文等

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局高齢福祉課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館4階