現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 新港突堤西地区(第2突堤) 再開発事業 優先交渉権者の決定

更新日:2021年3月26日

新港突堤西地区(第2突堤) 再開発事業 優先交渉権者の決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月26日)
 新港突堤西地区の中でも眺望景観に優れる新港第2突堤において、神戸ウォーターフロントのシンボルとなり、都心・三宮再整備やウォーターフロントエリアの周辺施設・空間とも一体となって、賑わい創出やまちの活性化等の相乗効果が期待できる文化集客・観光商業・宿泊等施設の整備・運営を、自らの企画力・ノウハウ・実行力等を最大限に発揮し将来にわたって実施する事業者の公募を実施し、2者から事業提案がありました。
 学識経験者で構成する新港突堤西地区再開発事業 優先交渉権者選考委員会(以下、選考委員会、という。)において、事業計画等の提案内容について審査を行い、その結果を踏まえ本市で優先交渉権者を決定しましたのでお知らせします。

1 優先交渉権者

・代表企業  エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社

・構成員企業 株式会社スマートバリュー、株式会社NTTドコモ

2 事業用地の概要

(1)所在地   神戸市中央区新港町130番2 

(2)面積    約38,000㎡(公募対象地 約19,340㎡)

(3)位置図

位置図

3 選定理由

 選考された企業連合体による計画提案は、神戸のウォーターフロントで初めてとなる「大規模多目的アリーナ」であり、新たな賑わいの創出拠点として、観光・集客需要の増進や交流人口の増加とともに、都心・三宮再整備との相乗的効果による地域経済の活性化が期待されるものと評価された。評価点は200点満点中153.2点(76.6%)で、優先交渉権者として選定に値する提案内容であった。他の提案内容は最低基準点(60%)未満であった。

4 提案概要

・事業計画提案の概要(PDF:1,577KB)

5 選考委員会による講評及び付帯意見

・講評(PDF:91KB)

・付帯意見(PDF:74KB)

6 新港突堤西地区再開発事業 優先交渉権者選考委員会

・委員長   安田 丑作(神戸大学名誉教授)

・委員長代理 田端 和彦(兵庫大学副学長)

・委員   柏木 千春(流通科学大学教授)

・委員   末包 伸吾(神戸大学大学院工学研究科教授)

・委員   山田 茂善(太陽有限責任監査法人総括代表社員CEO)

7 問い合わせ先

(1)神戸市港湾局経営課   松村・萱嶋  (連絡先)078-595-6338

(2)NTT都市開発広報室  鈴島・小張  (連絡先)03-6811-6241

8 その他

・公募の詳細はホームページ(以下、URL)にアップしています。

https://www.city.kobe.lg.jp/a38702/business/kowanjigyo/2pierredevelopment.html

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

港湾局経営課 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル7階