現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 神戸市社会福祉協議会「善意銀行」への災害備蓄用食料の寄贈について

更新日:2021年12月22日

神戸市社会福祉協議会「善意銀行」への災害備蓄用食料の寄贈について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月22日)

1.概要

このたび、株式会社丸井 神戸マルイ 様から神戸市社会福祉協議会「善意銀行」へ災害備蓄用ビスケットが寄付されました。 いただいた寄贈品は、生活困窮者の支援に取り組む団体の年末年始の支援相談に活用されます。

2.寄付の内容

(1)寄付物品
災害備蓄用ビスケット:6箱(359食分)
(2)寄付者
株式会社丸井 神戸マルイ 店長 千葉 朗子 様
(3)受領者
神戸市社会福祉協議会 理事長 玉田 敏郎
(4)受領日
令和3年12月9日(木)
(5)寄付の経緯
KOBE三宮・ひと街創り協議会(会長 久利 計一 氏 )を通じて神戸市に寄付の申し出があり、神戸市社会福祉協議会「善意銀行」で「預託」を受け、生活困窮者の支援に活用することとなった。

3.活用について

特定非営利活動法人 神戸の冬を支える会が実施する年末年始の相談支援活動の際、今回の寄贈品を含めて善意銀行から「払出」された食料・日用生活物資等を必要に応じて活用されます。

4.備考

(1)善意銀行
市民・企業等から寄せられた善意の金銭や物品をお預かりし、必要としている団体や施設、個人などにお届けする仕組み。
(2)特定非営利活動法人 神戸の冬を支える会

野宿を余儀なくされている人や生活に困窮している人等に対して、居住する場の提供と運営、生活相談、自ら働き収入を得られるような機会の提供など、生活困窮者に関する総合的な支援を行っている団体。
阪神淡路大震災のあと、被災者支援から取り残された主にホームレス状態にある人たちの支援を行おうと、いくつかの団体や個人が集まって任意団体として活動を始め、ホームレス状態の人たちだけでなく、生活に困っているあらゆる人たちの支援を行っている。また、兵庫県より居住支援法人の指定を受けて活動している。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局くらし支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階