現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 生活保護・地域福祉 > 生活困窮者自立支援 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

更新日:2021年12月2日

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

ここから本文です。

新着情報

・申請期間が延長されました(12/2更新)
・再支給の申請について、現在、準備を進めております。対象となる方には、準備が整い次第、順次、申請書を初回申請時の住所へ発送します。(12/2更新)
・兵庫県社会福祉協議会にて、総合支援資金の再貸付を令和3年11月末までに借り終える予定の方等に対して申請書等の郵送は完了しました。(11/9更新)
・ハローワークの求職登録は、オンラインでも行うことが可能になりました。(9/22更新)
・オンライン又は公共職業安定所の窓口で求職登録を行った際に発行される求職番号を、申請書(様式1-1)に記載すれば、ハローワークカードのコピーの提出は不要になりました。(9/22更新)
・申請書(様式1-1)を一部改訂(求職番号記載欄「8欄」を追記)しました。(9/22更新)
・現在、受給中の方は、「求職活動等の報告について」のページをごらんください。(8/27更新)

 

再支給について

【再支給申請のため、準備を進めています】

・令和3年11月19日の政府発表された経済対策の中に、生活困窮者自立支援金の「申請期間延長」及び「再支給」に関する内容がありました。
・現在、再支給に該当する方の確認をしている状況です。準備が整い次第、申請書を初回支給時の住所へ送付します。

参考:厚労省(生活困窮者自立支援金)ホームページ
  https://corona-support.mhlw.go.jp/shien/index.html

【再支給の概要】
・申請期間   開始時期:未定(令和3年12月中を予定)
        申請期限:令和4年3月31日まで(郵送申請の場合は消印有効)
・対象者    初回支給期間中に誠実かつ熱心な求職活動を行ったが、現在も自立への移行が困難な方
         今後も、誠実かつ熱心な求職活動を行う方

・支給額(月額)
 
単身 6万円 2人世帯 8万円 3人以上 10万円

・支給期間
 
3か月間 (1か月ごとの支給となります。求職活動を怠った場合等支給が中止されることがあります。) 

目次

1.制度の概要
2.申込期間
3.支給対象者
4.支給額等
5.申請方法
6.申請に必要な添付書類
.その他
.問い合わせ先

申請をご検討の方・申請をされた方へ

 

(1)申請の方法
・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、郵送等で受付を行います。下記要領で申請してください。
・市役所・各区役所等の窓口では受け付けていませんのでご注意ください。

(2)個別勧奨文(申請書など)の発送
兵庫県社会福祉協議会にて、総合支援資金の再貸付を借り終えた方、令和3年11月末までに借り終える予定の方、及び不決定の方のうち、神戸市内に住民票を置いている方に対して、申請書等を郵送しました。

【留意点】
① 郵送案内が届いた方でも、支給要件を満たす必要がありますので、詳細は下記をご確認ください。(収入、資産、その他の支給要件をご確認のうえ、対象となる場合は申請してください)
② 他の都道府県社協から再貸付を受けておられた方、兵庫県社協から再貸付を受けているが神戸市以外の市町に住民票を置いていた方、転居等の理由で郵送案内が届かない方など、現在神戸市に住民票はあるが、個別勧奨の対象とならない方も想定されます。支給要件をご確認の上、本ページの申請書類を印刷していただくか、下記コールセンターにご相談ください。

(3)自立支援金の振り込み予定
【1回目の支給スケジュールの目安】
申請受付からお振込みまで、約1ヶ月を要する場合があります。(書類に不備等があった場合には、その訂正に必要な日数が加算されます)

受給中の方へ

現在、受給中の方は、「求職活動等の報告について」のページをごらんください。

1.制度の概要

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、社会福祉協議会の実施する生活福祉資金「新型コロナウイルス特例貸付」について、再貸付を終了した世帯や、再貸付が不決定とされた世帯に対して、就労による自立を図り、自立が困難な場合は円滑に生活保護の受給へつなげるために、「生活困窮者自立支援金(以下、「自立支援金」という)」を支給いたします。
【パンフレット】(PDF:857KB)

(外国語パンフレット)
 英語版パンフレット(PDF:2,292KB)
 中国語版パンフレット(PDF:2,165KB)
 韓国語版パンフレット(PDF:2,388KB)
 ベトナム語版パンフレット(PDF:1,257KB)

▲目次へ戻る

2.申込期間

令和3年7月1日(木曜日)~令和4年3月31日(木曜日)(郵送申請の場合は消印有効、電子申請の場合は23:59まで)

▲目次へ戻る

3.支給対象者

下記の(1)~(5)の全てに該当する方
(1) 次の①~④のいずれかに該当する者
  ①社協貸付(総合支援資金)の再貸付を借り終わった世帯
  ②社協貸付(総合支援資金)の再貸付を申請期限までに借り終わる世帯
  ③社会福祉協議会に対して、総合支援資金再貸付の申請をしたが、不決定となった世帯
  ④社協貸付(総合支援資金・再貸付)の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯
(2) 申請月において、世帯の生計を主として維持している方
(3) 申請月の世帯収入合計額(月額)が、下記の【①所得】と【②住居費】の合計額を超えないこと
syuunyu3
(4) 申請日の預貯金等の金融資産の世帯合計額が、上記【①所得】の6倍(上限100万円)以下であること
sisan2

(5)次の
いずれかに該当する方

 ① 公共職業安定所に求職の申込みをし、期間の定めがないまたは6月以上の労働契約による就職を目指し、以下に掲げる求職活動を行う方
  ・月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける 
  ・月2回以上、公共職業安定所で職業相談等を受ける
  ・原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受ける
 ② 生活保護を申請し、その申請に係る処分が行われていない方

▲目次へ戻る

4.支給額等

(1)支給額(月額)
sikyuugaku
  ※なお、申請受付からお振込みまで、1カ月強の日数を要する場合があります。
  ※書類に不備等があった場合には、その訂正に必要な日数が加算されます。
 
(2)支給期間
  3か月間 (1か月ごとの支給となります。求職活動を怠った場合等支給が中止されることがあります。) 

5.申請方法

・「電子申請」または「郵送申請」となります。

電子申請(単身世帯のみ)

【電子申請が利用できない方】
・2名以上の世帯
・他の都道府県社会福祉協議会から総合支援資金の再貸付を受けていた世帯
・自立支援金の申請者が総合支援資金再貸付の借受人と異なる世帯
・社協貸付(総合支援資金・再貸付)の相談をしたものの、申し込みに至らなかった世帯
【電子申請の手順】

1.下記、「6.申請に必要な添付書類(全員共通)」をご参照の上、お手元に書類をご準備ください。
2.ご準備いただいた添付書類を携帯電話、デジタルカメラなどで写真に撮ってください。
  添付可能容量に制限がありますので標準以下の画質に設定することをお勧めします。(1ファイルあたり6MB以下)
3.【電子申請申込フォーム】に必要事項を記入し、準備した画像を添付してください。
 ※添付可能容量を超え、利用できない場合は、画質の設定を再度確認いただくか、郵送申請をご利用ください。

申込みはこちら  

※利用にはメールアドレスもしくはGoogleアカウント・LINEアカウントが必要です

【電子申請申込フォーム】

https://ttzk.graffer.jp/city-kobe/smart-apply/apply-procedure/1157923575705519450

郵送申請

以下の書類をダウンロードの上ご記入いただき、郵便でお送りください。

提出書類

①申込書(様式1-1、1-2)
②下記「6.申請に必要な添付書類(全員共通)」すべて
③状況に応じて必要な書類(申請前チェックシートにより、ご自身に必要な書類をご確認ください)
 【申請前チェックシート】(PDF:461KB)

 【様式1-1】支給申請書 (PDF:279KB) ※全員必要
 【様式1ー2】申請時確認書(PDF:144KB) ※全員必要
 【様式1-3】再貸付不承認・過去借入状況申告書(PDF:739KB)

 【別紙様式1】自営業等収支状況申告書(PDF:1,082KB) ※事業収入の帳簿等が大量になる場合など

郵送先

 〒650−0021
神⼾市中央区三宮町1-9-1 三宮センタープラザ東館901
神⼾市生活困窮者自立支援金 郵送受付窓口 宛

6.申請に必要な添付書類

「電子申請」「郵送申請」いずれの場合も、添付書類の提出が必要となります。

●全員共通

□本人確認書類 (顔写真がないものでも可)
 ・運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カードなどの写し(有効期限内のものに限る)
□収入関係書類 
 ・申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の申請月の収入が確認できる書類の写し(給与明細書、手当の証書など、または、それらの振り込みがわかる口座の写し) 
□金融資産関係書類
 ・申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の、申請日時点の金融機関の通帳の残高がわかるページの写し
□求職活動関係書類(①と②はいずれか一方の提出で可)
 ・① オンラインでハローワークの求職登録を行った場合に発行される求職番号、又は公共職業安定所から交付を受けた求職受付票(ハローワークカード)に記載されている求職者番号を、様式1-1の「8欄」に記載してください。
 ・② 生活保護を申請中である場合は、保護申請書の写し(保護の実施機関の受領印があるもの)
□ 振込先口座が分かる書類 
 ・振込先口座の「金融機関名」「支店名」「口座名義人」「口座番号」がわかるページの写し (申請者名義の口座を指定してください。)

●状況に応じて必要な書類
「自立支援金の申請者が特例貸付の借受人ではない場合」、「兵庫県以外の都道府県社協から貸付を受けていた場合」など、添付書類が追加で必要となります。
詳しくは【申請前チェックシート】(PDF:461KB)をご確認ください。

7.その他

 
ハローワーク(公共職業安定所)での求職の申込みについて

ハローワークの求職登録は、オンラインでも行うことが可能になりました。
また、ハローワーク窓口で求職申込みを行う場合は、手続を円滑にするために、以下の事前準備を推奨しています。

(1)求職の申込み(インターネットからのオンライン登録をご利用ください)
オンライン又は公共職業安定所の窓口で求職登録を行った際に発行される求職番号を申請書(様式1-1)に記載すれば、ハローワークカードのコピーの提出は不要です。
【ハローワーク利用のご案内 ~オンライン登録のお願い~】(PDF:438KB)

(2)求職申込書の事前記入
ハローワークの窓口での求職申込みを希望される方は、事前に求職申込書に記入して持参いただくと手続きがスムーズです。
【求職申込書】(EXCEL:57KB)
【記載例】(PDF:762KB)

(3)ハローワークの所在地案内
 ※開庁時間(通常) 平日8時30分~17時15分
【ハローワーク一覧表】 (PDF:134KB) 

※ハローワークに関するお問い合わせは、下記コールセンターではお答えできませんので、管轄のハローワークにお問い合わせください。

▲目次へ戻る

8.問い合わせ先

神戸市生活困窮者自立支援金コールセンター

【電話番号】078-277-3325
【受付時間】8時45分-17時30分(平日のみ)

厚生労働省コールセンター

【電話番号】0120-46-8030
【受付時間】9時00分-17時00分(平日のみ)

 

▲ページのはじめに戻る

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局くらし支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階