現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年10月 > 令和2年度医療的ケア児の受入について

更新日:2019年10月24日

令和2年度医療的ケア児の受入について

ここから本文です。

 記者資料提供(令和元年10月24日)
こども家庭局子育て支援部振興課

1.概要

日常生活を営むためにたんの吸引や経管栄養などの医療的ケアを要する状態にある児童(医療的ケア児)が、心身の状況に応じて適切な保育が受けられるよう取り組みを進めています。

現在、医療的ケアを行う看護師を受入施設に配置し、市内7施設で医療的ケア児の受入を行っています。

令和2年度の施設申し込みから、新たに3施設で医療的ケアを行う看護師を配置し、各区での受入れができる体制を整備します。

 

2.受入れ可能な医療的ケアの内容

(1)経管栄養(鼻腔に留置されている管からの栄養、胃ろう、腸ろう)

(2)吸引(口腔・鼻腔内吸引、気管切開部からの吸引・衛生管理)

(3)酸素療法(鼻カニュラ、酸素マスク) 

(4)導尿 

(5)その他、施設で対応可能な医療的ケア

 

3.申込み先

施設の所在する区役所こども家庭支援課にて受付します。

 

4.申込み時期

令和元年11月29日(金曜)までに申込された場合は、令和2年4月上旬以降、受入準備が整い次第受入開始となります。

令和元年11月29日(金曜)を過ぎての受付も可能ですが、申込された日によって受入開始時期が異なります。申込受付期間等、保育施設の利用申込に関しては、以下ホームページ「令和2年度 保育利用のご案内」をご確認ください。

 ※受入準備には、時間を要することとなるため、希望日からの受入れができない場合もあります。

 

5.手続き等

保育施設の申込に関する必要書類の他、主治医の意見書も併せてご提出いただきます。

なお、入所は、「神戸市子どものための教育・保育施設利用における利用調整基準」に基づいて、優先枠を設けて利用調整(4月入所選考)を行います。お子さまの健康状態や施設側の受入体制等から安全に受け入れることができないと判断される場合、希望の施設への入所ができないこともあります。

 

6.受入施設

施設によっては、受入れに制限がある場合があります(年齢、受入可能時間、医療的ケアの種類等)

施設名

住所/電話番号

対象年齢/受入可能時間

連こ)おかもと虹こども園

東灘区岡本3-2-6 / 412-2262

施設の受入可能年齢 / 要相談

連こ)めばえの園認定こども園

灘区灘南通4-4-2 / 806-3333

施設の受入可能年齢 / 要相談

連こ)友愛幼児園 ※R2.4~

中央区吾妻通5-2-20 / 231-5818

3歳児クラス~ / 9時~17時

公保)松原保育所

兵庫区松原通4-2-27 / 651-5521

3歳児クラス~ / 9時~17時

連こ)このみ保育園 ※R2.4~

北区山田町下谷上字箕谷21-1/583-2203

3歳児クラス~ / 9時~17時

公保)ふたば保育所※R2.4~

長田区二葉町7-1-30 / 621-8561

3歳児クラス~ / 9時~17時

公保)須磨保育所

須磨区大黒町4-1-2  / 732-4842

3歳児クラス~ / 9時~17時

小) ちっちゃなこども園ふたば

垂水区舞多聞東2-6-9 / 784-5333

満2歳までで施設の受入可能年齢 / 要相談

保)(仮称)舞多聞よつば保育園

小)ちっちゃなこども園よつばより移行

垂水区舞多聞西5-11-1 / 784-5333

施設の受入可能年齢 / 要相談

連こ)あさひ保育園

西区桜が丘東町1-3-1 / 994-0170

施設の受入可能年齢 / 要相談

連こ:幼保連携型認定こども園 公保:公立保育所 保:私立の保育園 小:小規模保育事業

 

7.参考

「令和2年度 保育利用のご案内」

http://www.city.kobe.lg.jp/child/grow/shinseido/img/hoikuriyounogoannnai.pdf

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局子育て支援部振興課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館3階