現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 舞台作品inseparable「変半身(かわりみ)」を開催

更新日:2019年11月6日

舞台作品inseparable「変半身(かわりみ)」を開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月6日)
公益財団法人神戸市民文化振興財団事業部文化ホール事業課 担当:射場
TEL:078-351-3397E-mail:kobebunkahall@kobe-bunka.jp

 

村田沙耶香(小説家)と松井周(劇作家・演出家・俳優)が、共同で原案を開発し、小説と舞台をそれぞれに発表するプロジェクト=inseparable(いんせぱらぶる)を始動します。

松井周は「自慢の息子」で2011年に岸田國士戯曲賞を受賞した劇作家・演出家・小説家で、<サンプル>を主宰。村田沙耶香は2016年に『コンビニ人間』で第155回芥川龍之介賞を受賞、『コンビニ人間』は累計100万部を突破しました。今回は村田作品、初の舞台化となります。

本プロジェクトは2017年の神津島(東京都)への取材から始まり、2018年1月城崎国際アートセンター(兵庫県)での合宿&試演会、2018年5月の緑島(台湾)・2019年神島(三重県)への取材を経ており、共同でコア(原案)を作って、演劇・小説・映像・アニメなど、二次創作的に発展させることを目的としています。

出演者に台湾人実力派、王宏元や大鶴美仁音を迎え、安蘭けいはホリプロ「レインマン」より2度目の松井作品出演です。宣伝イラストは『サターンリターン』を週刊スピリッツで連載中の鳥飼茜の描き下ろしです。どうぞご期待ください。

チラシメインビジュアル

あらすじ

近未来。東洋のガラパゴスと呼ばれている千久世島という離島は、かつてない賑わいを見せていた。国産みの神話に登場する島であると同時に、その島で発掘される「レアゲノム」という化石由来のDNAがヒトや動物の遺伝子組換えに必要なものとして注目を集めているからだ。その島に住む男は、奇祭で弟を失う。ところがある日、弟は蘇り、まるで別人のように男の前に現れる。弟の存在は島の住民を狂わせていく。そしてそれは、島の存亡を揺るがす事態に発展していく…

公演詳細

日時:2019年12月21日(土曜日)19時開演

12月22日(日曜日)14時開演

場所:神戸文化ホール中ホール舞台上

料金:一般:3,500円/U25:2,000円/U18:1,000円【整理番号付全席自由】

主催:(公財)神戸市民文化振興財団神戸文化ホール

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)/独立行政法人日本芸術文化振興会、(一財)地域創造

企画・製作:有限会社quinada

共同製作:三重県文化会館(公益財団法人三重県文化振興事業団)、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)

問い合わせ先

神戸文化ホールプレイガイド078-351-3349

変半身「かわりみ」チラシ(PDF:13,243KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階