現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年4月 > StayHome 神戸文化ホール動画特集

更新日:2020年4月30日

StayHome 神戸文化ホール動画特集

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年4月30日)
神戸市民文化振興財団では、おうち時間を過ごす皆様に、少しでも楽しんでいただけますよう、多くの市民の皆様とつくりあげてきた作品「フルート500人アンサンブル~みんなで奏でる大人数オーケストラ~」や「市民の第九」などを、まとめてお楽しみいただける特集ページを作成しました。
また、特集ページでは、神戸市混声合唱団から皆様へ、応援の気持ちと想いを込め、それぞれが自宅で収録した動画を合わせて合唱にした「星に願いを」も掲載しております。
今後、神戸市企画「STAY HOME #うちで過ごそう」との連携を深め、市民が在宅で楽しめるコンテンツの拡充を図ってまいります。

1.期間

2020年4月30日(木曜)~

2.ページURL

https://www.kobe-bunka.jp/zaidan-news/stay-home_kobebunka-hall/

(神戸市民文化振興財団又は神戸文化ホールのトップページからご覧いただけます)

3.主な掲載コンテンツ

市民の第九2019

昨年12月に、神戸文化ホール大ホールで開催。

各区民センターで練習を重ねた市民約250人が一堂に集まり、オーケストラの演奏をバックに、「歓喜の歌」を歌いあげる、年末恒例の当財団の一大イベント。

参加される方と観客が一体となって年末の神戸を大いに盛り上げている。

フルート500人アンサンブル

昨年10月に、神戸ファッションマートで開催。(KOBEミュージックポート~秋の音楽祭~のメイン事業として実施)

全国から集まった幅広い世代の一般フルート奏者約500名によるフルートオーケストラと、ゲスト奏者の高木綾子さん、NHK交響楽団首席フルート奏者神田寛明さんによる指揮のもと圧巻のスケールのフルートアンサンブルの様子を収録。

神戸市混声合唱団「星に願いを」

現在、神戸市混声合唱団においても、団員は全ての活動を自粛し、また集まって練習することもできない状態です。

そんな中、同じ状況で頑張する皆さんを応援するため、一人一人が撮影した動画を合わせて「合唱」にしてお届けします。

4.その他

コロナウイルス感染拡大防止に取り組む全ての人を文化の力で応援する一環として、ベートーベン生誕250年にちなみ、ベートーベンの「名言」を神戸文化ホールの懸垂幕その他で掲載しています。

第1弾は、「苦難を突き抜ければ、歓喜に至る」。

5.問い合わせ先

(公財)神戸市民文化振興財団

神戸市中央区楠町4-2-2(神戸文化ホール内)

(TEL:078-361-7194)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階