ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年9月 > 「ARTWALL OPENNING SPECIAL EXHIBITION」開催

最終更新日:2022年9月8日

「ARTWALL OPENNING SPECIAL EXHIBITION」開催

ここから本文です。

ロゴマーク

記者資料提供(令和4年9月8日)
 2022年10月1日(土曜)に開館する西神中央ホールと新西図書館の共用部、アートウォールにて、10月1日(土曜)
から10月31日(月曜)まで、「ARTWALL OPENNING SPECIAL EXHIBITION」を開催いたします!

1.日時

 10月1日(土曜)~10月31日(月曜)
 施設開館時間内9:00~22:00にご覧いただけます。
 ※10月1日は13:00~の開館となります。
 ※10月31日は18:00までの展示となります。

2.企画概要

 西神中央ホールと新西図書館の間に位置する共有部に広く位置するアートウォールは、「知と芸術をつなぐ」というコンセプトを掲
 げ、通常時は、ホールと図書館をつなぐ存在です。楽器や舞台芸術に関するものだけでなく、市民に身近なアート、それにまつわる
 書籍などが展示されます。それは、神戸市民が持つ知識や文化が色彩をつけるキャンバスのような存在であり、市民と共にアートを
 育てるプラットフォームでもあります。市民や地域住民へのお披露目となるオープニング企画では、このコンセプトの視点を、施設
 から町へ変えて、地域の歴史や人々の営みという街の「知」と市民やアーティストの作品などの「芸術」をつなぐことを目指します。
 展示作品:
 AREA1.神戸のアーティストによる作品展示
 AREA2.西神中央の「今」と「昔」を対比させる、
     埋蔵文化財センターと西神中央ホールをテーマにした写真&展示
 AREA3.神戸芸術工科大学出身の若手作家による集合展

アートウォールイメージ


3.展示エリア

アートウォール展示エリア

4.参加アーティスト

 【AREA1】
・和田彩(書家)
 和田彩2017年在ポーランド日本大使館での個展をはじめ、2019年にはポーランドと日本の国交100周年事業として、ポーランドの
クラクフ国立日本美
術・技術博物館Manggha及びワルシャワ国立 THE ASIA AND PACIFIC MUSEUMで個展、独自の東洋と西洋
を合わせるような前衛書作品を次々と発表する。
2019年神戸市主催のBE yond KOBE居留地イベントにて書道パフォーマンス
披露、2020年
ら動画配信 事業を行うなど幅広く活動。2018年神戸市文化奨励賞受賞、2020年神戸大学同窓会第10回紫陽会
受賞、2021年第68回「半どんの会」文化賞受賞、神戸芸術文化会議会員、兵庫県書作家協会理事、飛雲会理事、六彩舎主宰。

 【AREA2】
岩本順平・岩本順平(写真家/プロデューサー)
 写真家・プロデューサー。2012年に写真家として独立。2014年から新長田の再開発エリアで劇場を運営するNPO法人 DANCE
BOXに参加。PRディレクターとして主催公演などの広報を担当。2017年よりデザインやアートの地産地消による地域の活性化を
目的に長田の仲間たちとDOR(ドア)を設立。神戸市ふるさと納税のPRディレクション、KOBE URBAN FARMING、シタマチコ
ウベ、KOBE CREATORS NOTEなどのプロデュース、ディレクション、撮影などを担う。

 【AREA3】
・小國陽佑(ディレクター)小國陽佑
 1984年兵庫県豊岡市生まれ、神戸市在住。NPO法人芸法理事長・ディレクター。長田区駒ヶ林町を拠点に、地域に根ざした
さまざまな社会活動を通じて若手アーティストの表現活動の支援を行う。下町芸術祭や学園前アートフェスタ、生野ルートダル
ジャン芸術祭など関西圏にて様々な芸術祭やアートプロジェクトのディレクターを兼任。 


・國久真有國久真有
 大阪生まれ。関西を中心に活動。 ロンドン芸術大学セントラルセイントマーチンズで学び、神戸芸術工科大学大学院芸術
工学研究科総合アート専攻修了。 2018年 第22回岡本太郎現代芸術賞 特別賞、2020年 Young Creators Award 2020グランプリ
など。各地で個展を開催。身体を軸に身体から現れる円を描いている。自身がそこから無くなり1番描かない方法とした光の
表現をする。



・みしまあきひろみしまあきひろ
 海と山の間にある場所、 神戸で生まれ育ち描くイラストレーター。絵を通し音楽・詩・映像・アート・デザインなど様々な
表現と共に紡ぎ、いつの日かに人間が洞窟に絵を描いたように 日の常にひかりを添えるように。第56回県展デザイン部門兵庫県立
美術館賞受賞。大本山須磨寺にてライブペイントを実施。無印良品にてワークショップ講師担当、AnyKobe公募展 KAWACHI画材賞
受賞、大本山須磨寺にてライブペイントを実施、Street Tableにてアートイベントを開催。




・岩本紀羽岩本紀羽
 1989年、大阪生まれ。2014年、神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科修了。2014年、金沢卯辰山工芸工房入所。2016年
より、大阪にて制作活動を続けている。2015年、日本クラフト展U35賞受賞、金沢市工芸展金沢市工芸協会会長賞受賞。2016年TALENTE2016/ドイツ・ミュンヘンへ出展。機能と鑑賞という要素に着目し、金属表現の可能性を日々模索しながら制作している。





・藤森太樹藤森太樹
 1988年、神戸市生、神戸市在住、ペン画家。顔料インクのペンを主材に墨や透明水彩などの画材を合わせて用いた様々な表現
のペン画・細密画を制作、出生地である神戸を拠点として国内外で展示・発表している。作家にとってペンによって描かれる
無数の線は“言葉”、墨や透明水彩の生み出す滲みや色彩は“感覚”を象徴しており、言葉により構築された社会とそこから隔絶され
た絶対的な感覚を伝える為の制作活動を行なっている。



 
・蔦本大樹蔦本大樹
 1995年、兵庫県姫路市生まれ。2020年、神戸芸術工科大学大学院総合アート&デザイン専攻修士課程修了。「生命力の形」を
テーマとし、主に生物をモチーフに金属を用いた作品を展開している。私の作品に共通して現れる「線」で構成された造形は、
記録された「時間」を示している。 その積み重なる線は「生命の力」それ自体を体現する。 生命に刻まれた時間やにじみ出す
オーラを可視化し、目に見えない力の存在を読み解く。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階