ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年7月 > 神戸文化ホール 新アートマネジメント人材養成事業「文化をつづけよう/インターンシップ&舞台機構講座&キャリア・プランニング講座」開講

最終更新日:2022年7月19日

神戸文化ホール 新アートマネジメント人材養成事業「文化をつづけよう/インターンシップ&舞台機構講座&キャリア・プランニング講座」開講

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年7月19日)
公益財団法人 神戸市民文化振興財団
TEL:078-361-7241

アートマネジメント1

舞台芸術は、新型コロナウイルスによるパンデミックの直撃をうけた分野のひとつです。コロナ禍のもと、アートマネジメント界志望の学生や舞台芸術業界スタッフは、将来に不安を感じたのではないでしょうか。当講座は、「劇場・音楽堂等の活性化に関する法律」第13条「人材の養成及び確保等」に則り、コロナ禍やコロナ後も「文化をつづけよう」を合言葉に将来のキャリア・プランに役立てていただきたいという思いから企画しました。神戸市民文化振興財団は、芸術文化を支えるスタッフ、芸術文化を支える仕事に就くことをめざす学生たちに、未来を描くサポートをしていきます。

詳細、お申込みはホームページから https://www.kobe-bunka.jp/artmanagement/
1.コーディネーター

森岡めぐみ、岡野亜紀子((公財)神戸市民文化振興財団)

2.参加費

無料(各講座はホームページより事前申込制)

3.助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 独立行政法人芸術文化振興会

4.主催

神戸文化ホール(指定管理者:(公財)神戸市民文化振興財団)

5.開催概要

【講座1:インターンシップ】
日時:令和4年7月~令和5年1月(全5事業)
対象:連携大学のアートマネジメントを学ぶ学生(神戸大学、大阪音楽大学、武庫川女子大学、芸術文化観光専門職大学、エリザベト音楽大学、群馬県立女子大学)

【講座2:舞台機構講座・舞台のつくり方編 「宙のソラミミ」~鑑賞型~】
日時:7月31日(日曜)18時
会場:神戸文化ホール 中ホール
対象:連携大学のアートマネジメントを学ぶ学生、文化施設や芸術団体等の職員、事前申込の一般見学者
出演:隅っこ人形劇団ニッチ、演出:エレコ中西
※詳細は別紙チラシ(PDF:114KB)

【講座3:キャリア・プランニング講座 ~第一線で活躍する女性プロデューサーを迎えて~ 
会場:神戸市男女共同参画センター(あすてっぷKOBE)セミナー室
対象:アートマネジメントを学ぶ、または関心のある学生、文化施設や芸術団体等の職員
 ※各講座:サテライト会場=芸術文化観光専門職大学
申し込みはこちら https://www.kobe-bunka.jp/artmanagement/career/

【ダンス】
日時:9月10日(土曜)14時~16時アートマネジメント2
講師:唐津絵理(愛知県芸術劇場エグゼクティブプロデューサー、Dance Base Yokohamaアーティスティックディレクター)
お茶の水女子大学文教育学部舞踊教育学科卒業、同大学院人文科学研究科修了。舞台活動を経て、1993年より日本初の舞踊学芸員として愛知芸術文化センター勤務。2010年~16年あいちトリエンナーレのキュレーター。文化庁文化審議会文化政策部会委員、全国公立文化施設協会コーディネーター、企業の文化財団理事やメセナ活動のアドバイザー等を務めるほか、大学等の非常勤講師を歴任。パフォーミングアーツの幅広い分野で、実験的作品から大規模な国際共同製作まで、200を超えるプロジェクトを企画プロデュース。DaBY設立を機に、ダンス、パフォーミングアーツ領域全体の活動環境の整備、アーティスト・ダンサー・スタッフの権利擁護、観客・市場拡大施策等に積極的に関わる。著書に『身体の知性』等。




【演劇・ダンス】 
日時:10月29日(土曜)14時アートマネジメント3~16時
講師:志賀玲子(城崎国際アートセンター館長)
大学卒業後、一般企業勤務を経て、演劇制作事務所設立。1989年「ヨコハマアートウェーブ89」事務局スタッフを皮切りに、伊丹市立演劇ホール・びわ湖ホール「夏のフェスティバル」プロデューサー、(一財)地域創造「公共ホール現代ダンス活性化事業」コーディネーター、大阪大学コミュニケーション・デザインセンター特任教授を歴任。2021年4月より現職。2007 年からALSを発症した友人の独居生活「ALS-D プロジェクト」をコーディネート、介護にもあたる。ダンススタジオを併設した京町家で、ダンサー等の友人が資格を取り介護にあたる暮らしは、首都圏外で初の24時間他人介護による在宅独居実現として注目を集めた。

 


【音楽】
日時:12月3日(土曜)14アートマネジメント4時~16時
講師:新井鷗子(横浜みなとみらいホール館長、音楽構成作家、インクルーシブアーツ研究者)
東京藝術大学音楽学部楽理科および作曲科卒業。NHK音楽教育番組の構成で国際エミー賞入選。これまでに「東急ジルベスターコンサート」「読響シンフォニック・ライブ」「題名のない音楽会」「エンター・ザ・ミュージック」等の番組、コンサートの企画構成を数多く担当。東京藝大にて障害者を支援するアートの研究開発に携わる。著書に『おはなしクラシック』(アルテスパブリッシング)、『頭のいい子が育つクラシックの名曲』(新星出版)、『ひとさし指のノクターン』(ヤマハミュージックメディア)、『音楽家ものがたり』(音楽之友社)他。「横浜音祭り」総監督。
 

 
6.問い合わせ先

(公財)神戸市民文化振興財団  
メール:artmanage@kobe-bunka.jp  電話:078-361-7241

※詳細は別紙チラシ(PDF:1,362KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階