現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年5月 > STAY HOME#うちで過ごそうアートプロジェクト第3弾   アーティストから動画作品を募集!

更新日:2020年5月7日

STAY HOME#うちで過ごそうアートプロジェクト第3弾   アーティストから動画作品を募集!

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年5月7日)
文化スポーツ局文化交流課
現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、多くのアーティストが活動の自粛を余儀なくされています。外出自粛が強く求められている中、神戸市では、「#うちで過ごそうアートプロジェクト第2弾」に引き続き、第3弾として市内で活躍するアーティスト(個人またはグループ)から動画を募集し、市民に本格的なアートを鑑賞していただけるコンテンツを配信します。

1.概要

芸術文化活動に携わるアーティストから動画作品を募集し、神戸市公式YouTubeサイト等で配信します。動画作品の制作費として演者1人当たり5万円(税込)を支払います。(5人以上のグループの場合でも25万円を上限)

2.応募資格

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、活動自粛を余儀なくされているアーティストで、以下の要件を全て満たす個人またはグループ。

(1) 主に以下の分野で活動していること。

音楽、演劇、舞踊、映像、美術、文学、伝統文化、伝統芸能 等

(2) 過去に1年以上継続して文化芸術活動を行っており、主に文化芸術活動による収入により生計を維持していること。

(3) 神戸市在住または神戸市内を主な活動拠点にしていること。

(4) 既に神戸市域における活動実績があり、今後も継続して活動を行う予定であること。

※1個人が複数の申請を行うことはできません。また、1個人が別に申請を行うグループの一員となることはできません。

3.応募から配信までの流れ

(1) アーティストからエントリーシートを神戸市にEメールでお送りいただきます。

(2) お送りいただいたエントリーシートの審査結果は、応募者全員に随時Eメールでお知らせします。

(3) 審査を通過したアーティストは、結果通知後14日以内に動画を制作し、指定先に動画作品をお送りいただきます。

(4) お送りいただいた動画作品は、神戸市公式YouTubeサイト等で配信します。

※詳しくはこちらのページに掲載している応募要項をご覧ください。

4.募集する動画

ホールやギャラリー等で鑑賞するような本格的なアートを、市民が自宅で鑑賞できる動画作品で、応募者自身のパフォーマンスによる未発表のもの(10分から15分程度)。動画作品上も、いわゆる「3密」を避けたものとしてください。スマートフォンなどで撮影したものも可。

【動画作品のイメージ】

・自身のパフォーマンス(楽器演奏、ダンス、朗読、合唱、作品の一部等)

・絵画など自身の作品の解説付き展示

・美術・書道などのライブ制作 など

5.募集期間

令和2年5月8日(金曜)から5月31日(日曜)

※ただし、予算額(500万円)に達した時点で締め切ることがあります。

6.動画配信媒体

神戸市公式YouTubeサイト「kobecitychannel」(外部リンク)

地域動画チャンネル「KOBE_TV」(外部リンク)

7.参考

・第1弾(4月22日プレスリリース)

新型コロナウイルス感染症対策 今、若者に伝えたいメッセージ動画の配信が始まります STAY HOME #うちで過ごそう ~KOBEの未来のために~

・第2弾(4月28日プレスリリース)

アーティストからの動画を募集! #うちで過ごそうアートプロジェクト

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階