現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト 20回記念コンサート開催

更新日:2021年12月16日

神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト 20回記念コンサート開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月8日)
文化スポーツ局文化交流課

「神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」が2019年に20回を迎えたことを記念し、歴代クィーンが集結したコンサートを開催します。昨年度のコロナ禍による中止を経て、豪華なコンサート「JAZZ QUEENS FESTA in Kobe Shinkaichi」がついに実現です。

コンサート名称

神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテストPresents 20th記念コンサート
「JAZZ QUEENS FESTA in Kobe Shinkaichi」

日時

令和4年1月16日(日曜)
15時30分から19時まで(15時開場)

会場

神戸アートビレッジセンター2F「KAVCホール」
(神戸市兵庫区新開地5-3-14)

入場料

前売券3,000円(税込)
※前売券は12月15日(水曜)より販売開始
※お1人様5枚まで
※売り切れ次第販売は終了します。原則当日券の販売はありません。

前売券販売場所

新開地まちづくりNPO(10時から18時まで、月曜日休館)
〒652-0811 神戸市兵庫区新開地3-3-11 3階
TEL:078-576-1218
※窓口販売のみ

出演者

◆歴代クィーン

初代 ジャネット啓子カワスジ 第11代 ギラ・ジルカ
第2代 REIKAjj 第12代 小林ゆうこ
第3代 溝口恵美子 第13代 石田裕子
第4代 杉山千絵 第14代 宮藤晃妃
第5代 北浪良佳 第15代 高橋リエ
第6代 Shoko 第16代 山添ゆか
第7代 西田麻美 第17代 MASAX
第8代 若林みわ 第18代 Yuka
第10代 Whoopin 第20代 yukino


◆特別ゲスト
黒岩静枝(ジャズヴォーカリスト)
◆演奏
高岡正人ピアノトリオ(Pf.高岡正人、Ba.魚谷のぶまさ、Dr.齋藤洋平)
安次嶺悟ピアノトリオ(Pf.安次嶺悟、Ba.須崎健二、Dr.東敏之)
モダンタイムスビッグバンド
◆総合司会
三浦紘朗

YouTubeライブ配信

令和4年1月16日(日曜)15時30分から、無料のYouTubeライブ配信を行います。
https://youtu.be/YQjSVhnt9uA

主催

新開地ミュージックストリート実行委員会

お問い合わせ

神戸市文化スポーツ局文化交流課内「新開地ミュージックストリート実行委員会事務局」
TEL:078-322-6598(直通)
※チケットのお問い合わせは、新開地まちづくりNPOへ
TEL:078-576-1218

詳しくはホームページへ

https://shinkaichi.or.jp/ksjvqc/

開催告知チラシはこちら

開催告知チラシ(PDF:4,696KB)

「神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」とは

神戸新開地地区は、かつて「東の浅草、西の新開地」と謳われ、1km弱の新開地本通りに20以上もの劇場・映画館が並ぶ一大歓楽街でした。「聚楽館」をはじめとする地区内の劇場や、湊川公園の野外ステージ「音楽堂」では、戦前からジャズの演奏会が賑やかにおこなわれ、ジャズ喫茶などでも気軽にジャズを愉しむ文化が根づきました。昭和28年には、ジャズの神様と言われたルイ・アームストロングが、聚楽館で本場のジャズを聴かせてくれたという逸話もあります。

そんなジャズ文化を継承すべく、新開地ミュージックストリートがスタート。2000年より「神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」、2001年より「神戸新開地音楽祭」を開催しています。

「神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト」では、ジャズヴォーカリストの女王を目指して、毎年全国から100組以上のヴォーカリストが応募。本選では、予選を勝ち抜いた10人のファイナリストが、ジャズの本場アメリカ・シアトルのライブハウス「jazz alley」の出演権を賭けて熱唱します。2019年には第20回を迎え、コロナ禍を乗り越えて本記念コンサートに至りましたが、現在、2022年5月に第21回神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテストを開催すべく準備中です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階