現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年4月 > 神戸市室内管弦楽団コンサートマスターに高木和弘が就任  4月10日(土曜)「第149回定期演奏会」で就任披露

更新日:2021年4月7日

神戸市室内管弦楽団コンサートマスターに高木和弘が就任  4月10日(土曜)「第149回定期演奏会」で就任披露

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年4月7日)
(公財)神戸市民文化振興財団 演奏課

 2018年3月以降、不在であった神戸市室内管弦楽団のコンサートマスターに高木和弘が就任します。4月10日(土曜)に神戸文化ホールで開催する「第149回定期演奏会」が就任披露公演となり2021年度、全ての定期演奏会に出演予定です。

1.プロフィール

高木和弘 6歳よりヴァイオリンを始め、国内外で数々のコンクールに優勝及び入賞を果たす。主な賞歴としては1997年度ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際コンクール入賞、1998年度ジュネーヴ国際コンクール第3位(1位なし)などが挙げられる。国内では、2005年度文化庁芸術祭新人賞、大阪文化賞大賞受賞、2007年度第19回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門録音作品賞を受賞と、その芸術家としての認知と評価も非常に高い。国内外のオーケストラのソリストとしてもこれまで大阪フィルハーモニー、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー、日本センチュリー交響楽団、東京交響楽団、ベトナム国立響、ヴュルテンベルグ・フィルハーモニーなどとの共演も多数ある。近年、日本で最高権威を誇る日本音楽コンクールの審査員としても度々招かれている。また、サミット・ミュージック・フェスティバル(ニューヨーク、アメリカ)など国内外の講習会などにおいても講師として招かれるなど、後進の指導にもあたっている。これまでに和波孝禧、森悠子、エドワード・ウルフソン、エドワード・シュミーダーの各氏に師事。現在、長岡京室内アンサンブルメンバー、ダラス室内交響楽団コンサートマスター(ダラス、アメリカ)、いずみシンフォニエッタ大阪メンバー、A Hundred Birdsのヴァイオリニストとしても演奏活動を展開中。使用楽器は株式会社シーエヌコーポレーションエイフクより
   高木 和弘    貸与された1739年製サント・セラフィンである。
 (たかぎ かずひろ)

2.2021年度出演公演

公演名 日程 曲目
第149回定期演奏会 4月10日(土曜)

C.P.E.バッハ:シンフォニア 第1番 ニ長調 Wq.183-1
F.J.ハイドン:交響曲 第40番 ヘ長調 Hob.Ⅰ:40
L.v.ベートーヴェン:交響曲 第1番 ハ長調 op.21

第150回定期演奏会 7月17日(土曜)
 

F.メンデルスゾーン:弦楽のためのシンフォニア 第3番 MWV N3
F.メンデルスゾーン:弦楽のためのシンフォニア 第7番 MWV N7
L.v.ベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス 第1番ト長調 op.40(独奏:高木和弘)
W.A.モーツァルト:交響曲 第40番 ト短調 KV550

第151回定期演奏会 9月25日(土曜)

E.グリーグ:組曲「ホルベアの時代から」op.40
A.ドヴォルザーク:弦楽セレナーデ op.22
A.シェーンベルグ:浄夜 op.4

神戸市室内管弦楽団・神戸市混声合唱団合同演奏会 12月12日(日曜) G.F.ヘンデル:メサイア HWV56
第152回定期演奏会 2022年2月26日(土曜) W.A.モーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」KV588より抜粋(演奏会   
形式)
 ※上記公演全て指揮者は鈴木秀美、会場は神戸文化ホール中ホール、14時開演

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314