現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で審査員大賞(銀熊賞)を受賞した濱口竜介さんに「芸術文化特別賞」を贈呈します!

更新日:2021年3月18日

第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で審査員大賞(銀熊賞)を受賞した濱口竜介さんに「芸術文化特別賞」を贈呈します!

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月18日)
令和3年3月1日から5日に、ドイツ・ベルリン(新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンライン開催)で開催された「第71回ベルリン国際映画祭」のコンペティション部門において、濱口竜介監督の『偶然と想像』が審査員大賞(銀熊賞)を受賞されました。
この度、銀熊賞を受賞された濱口竜介監督に対し、「芸術文化特別賞」贈呈します。

1.日時

令和3年3月21日(日曜)17時30分から18時まで

2.場所

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)3階301(神戸市中央区小野浜町1-4)

3.受賞者

濱口 竜介(はまぐち りゅうすけ)

  • 1978年 神奈川県生まれ濱口竜介氏
  • デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)が主催するレジデンスプログラム「KIITOアーティスト・イン・レジデンスプログラム」の、2013年~2014年の招待アーティスト。約5か月間にわたり「即興演技ワークショップ in Kobe」を開催。その参加者とともに制作した映画『ハッピーアワー』が第68回ロカルノ国際映画祭にて最優秀女優賞を受賞するなど話題となる。その後、神戸ゆかりの映画監督として抜擢され、日本映画界を代表する黒沢清監督と共同脚本を務めた映画『スパイの妻〈劇場版〉』が、第77回ヴェネツィア国際映画祭にて銀獅子賞(監督賞)を受賞している。

 

©塩田亮吾

4.贈呈者

久元 喜造 市長

5.その他出席者

  • 芹沢 高志 デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)センター長
  • 松下 麻理 神戸フィルムオフィス代表 ほか

〈参考:芸術文化特別賞とは〉

芸術文化等の分野において、世界的なコンクールで優秀な成績を収めるなど、その活躍が顕著であると認められる神戸市民または神戸市にゆかりのある方に対して、市長が表彰するものです。

〈参考:ベルリン国際映画祭について〉

ドイツのベルリンで毎年2月に開催される国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭。カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と並び世界三大映画祭のひとつに数えられている。

〈トークイベント「神戸スタディーズ#8『まちで映画がうまれる時』」について〉

「芸術文化特別賞」贈呈後、濱口竜介監督を講師にお迎えして、〈まち〉と〈映画〉をキーワードにトークイベントを19時から行います。黒沢清監督『スパイの妻』の共同脚本を担当した野原位氏、神戸での滞在制作の立役者である田中範子氏、正岡健二氏ら関係者を交え、まちと映画、そして人とのつながりを軸に、神戸でのクリエイションを振返りながら、まちで映画をつくることの魅力やその可能性について考えます。当日はYoutubeにてLive配信を行います。配信URLはデザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)のWebサイト(https://kiito.jp/(外部リンク))からご確認ください。

  • 日時:令和3年3月21日(日曜)19時~21時
  • 講師:濱口竜介(映画監督)、野原位(映画監督)、田中範子(神戸映画資料館支配人)、正岡健二(有限会社マルヨネ専務)
  • モデレーター:芹沢高志(デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)センター長)、松下麻理(神戸フィルムオフィス代表)
  • 会場・主催:デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)
  • 協力:神戸フィルムオフィス
  • 参加費:無料
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の取り組みに関する問い合わせ KIITOロゴ
  • 担当:近藤(こんどう)・大泉(おおいずみ)
  • TEL:078-325-2235 FAX:078-325-2230 
  • E-mail:info@kiito.jp

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

文化スポーツ局文化交流課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館19階