ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年3月 > 「灘の森テラス」はじまる。~JR灘駅南側駅前広場が生まれ変わります~

最終更新日:2022年3月7日

「灘の森テラス」はじまる。~JR灘駅南側駅前広場が生まれ変わります~

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年3月7日)

リノベーション神戸ロゴ神戸市では、まちの質・暮らしの質を一層高めることで、都市ブランドの向上と人口誘引につなげるプロジェクトとして「リノベーション・神戸」に取り組んでおり、その一環として、JR灘駅前広場の再整備を行います。
この度、JR灘駅(南側)駅前広場の再整備計画についてとりまとめましたので、その概要をお知らせするとともに、より広く地域の皆様に計画をご覧いただくために、再整備イメージ模型やパース等の現地展示を実施します。

1.現地展示の概要

日時 令和4年3月13日(日曜)11時から14時まで
雨天中止(前日17時までに下記ホームページに開催予定を掲載します)
https://www.city.kobe.lg.jp/a36648/shise/kekaku/kensetsukyoku/ekimae_miryoku/nada.html
場所 JR灘駅南側駅前広場(灘区岩屋北町7丁目)
内容
  • 再整備計画の「灘の森テラス」イメージ模型やパース画像を展示。
  • 事前申し込み不要。お出かけの途中等、自由にご覧下さい。
  • 萩原珈琲株式会社によるコーヒー提供(予定)。
  現地案内図
留意事項
  • 適宜会場の様子を撮影し、神戸市ホームページでの広報に活用する場合があります。
  • 長時間の滞在や、持ち込み飲食はご遠慮ください。
  • 新型コロナウイルス感染症対策の観点から、内容を変更する場合があります。
  • 風邪のような症状のある方、体調不良、発熱、咳などの症状がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願いします。
  • 飲食時以外のマスクの着用をお願いします。

2.再整備の概要

(1)コンセプト「灘の森テラス」

県立美術館の前庭となる森のミュージアムをコンセプトにアートのある特徴的な駅前空間を目指します。「美術館のまち」のエントランスと「地域のアウトドア・リビング」が木陰で重なり合う、灘のまちの新しい顔を作ります。

(2)ポイント
  • 休憩スペースが少なく、段差が多い広場を、全てスロープ化し、ベンチや日除け屋根を整備することにより、誰もが憩い、くつろげる場所に。
  • ミュージアムロードの中間地点として、まちの中で気軽にアートを感じられる空間に。

灘駅整備イメージ

パース画像

3.これまでの経緯

令和2年8月 公募型プロポーザルにより事業者決定
令和2年12月 地域自治団体等を対象としたワークショップ開催
令和3年3月 周辺文化施設(美術館等)を対象としたワークショップ開催

 

4.今後の予定

令和4年度 工事着手(詳細は改めて地域の皆様にお知らせします)
令和5年度以降 北側駅前広場の再整備(設計・工事)

(参考)JR灘駅(南北)駅前広場の再整備について

https://www.city.kobe.lg.jp/a36648/shise/kekaku/kensetsukyoku/ekimae_miryoku/nada.html

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建設局駅前魅力創造課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル11階