現在位置

ホーム > くらし・手続き > ごみ・リサイクル・環境 > 環境教育 > 記者発表2020年12月 > 須磨海浜水族園での小学生・親子向け海洋ごみ対策啓発作品の展示ー「ぼくらは海のちょうさ隊!」ー

更新日:2020年12月16日

須磨海浜水族園での小学生・親子向け海洋ごみ対策啓発作品の展示ー「ぼくらは海のちょうさ隊!」ー

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月14日)

 近年、地球規模で海洋ごみが問題になっています。陸でぽい捨てされたごみは、やがて風や雨で川に流され、海に流れ出ます。その中でも、プラスチックごみは自然にかえらず、時間とともに「マイクロプラスチック」になります。そして、この小さなプラスチックを、海で暮らす生きものが間違えて食べてしまうことがあります。

 そこで、来園する方にとって身近な須磨海岸から、世界につながる海洋ごみ問題について、親子で考えるきっかけとなるよう啓発を行います。生徒たちが取り組んでいる環境活動を活用した、小学生・親子向けの海洋ごみ問題についてのパネルや、生徒たちが須磨海岸で集めたプラスチックごみで作ったウミガメをモチーフとした作品を、須磨海浜水族園に展示します。

開催日時

令和2年12月24日(木曜)~令和3年1月5日(火曜)

開催場所

須磨海浜水族園­2階 エレベーター前展示スペース

展示内容

(1)エコアート作品

地元中学生が須磨海岸で集めたごみを用いて、六甲アイランド高校の生徒とエコロジカルアーティスト等で共同制作しました。プラスチックごみ問題のイメージを喚起します。

1pet 2umigame2

(2)パネル

キャラクターを使ったイラストや図を利用し、海洋ごみの概要や科学的なデータ、生徒たちの環境活動の取り組みを、視覚的にわかりやすく紹介します。

3purataro

(3)令和2年度美緑花こうべ環境ポスター展での入選作品(海洋ごみに関するもの12作品)

4poster15poster26poster3

(参考)今年度の取り組み

●神戸市立六甲アイランド高校が文部科学省のSSH事業の一環で、兵庫県立神戸商業高校・神戸市と連携して、海洋ごみ調査を実施しました。(8月5日)

7cyousa1 8cyousa2

●海洋ごみ調査を行った生徒でワークショップを行い、そこで出た意見や調査結果等をまとめ、市内の企業やNPO団体等との情報交換会の場で発表しました。(9月24日)

9workshop 10happyo

地元須磨の高倉中学校と鷹取中学校が、トライやる・ウィークの一環で、NPO法人海さくらと協力して須磨海岸のごみ拾いを行い、エコアート制作のプラスチックごみ集めに協力しました。(11月11日)

12gomihiroi2 8cyousa22

●高校生や中学生が拾った海洋ごみのうち、プラスチックごみを活用し、六甲アイランド高校の生徒と市民で、エコアートを制作しました。(11月20日、23日)

13seisaku1 14sesaku2 15seisaku3

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局環境政策課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 3階