補助制度の概要(外部給電・神戸モデル)

最終更新日:2022年2月9日

ここから本文です。

補助対象

【補助制度A】、【補助制度B】共に、次の要件を全て満たす施設の所有者(自治会、共同所有しているマンション住民の管理組合)が対象です。
地域福祉センター、市営住宅、県営住宅など公営施設や、個人宅対象外です。

  1. 自治活動や地域活動の拠点として日常的に使用している施設で、災害時においても地域の共助活動の拠点となる施設となること。
  2. 外部給電・神戸モデル普及のため、情報発信や外部給電訓練に積極的に協力できる施設であること。
  3. 自治会が所有している集会施設、若しくは分譲集合住宅住民が共同所有し管理組合で管理している集会施設であること。

【補助制度A】外部給電・神戸モデル対応化電気工事費補助

災害停電時の備えとして、外部電源(電気自動車、可搬型発電機など)から上述施設の既設電気回路を利用するための電気工事について、費用の一部を補助します。

補助額

外部給電・神戸モデル対応工事費用(税込)の3分の2(上限20万円)

【補助対象となる経費】
神戸モデル対応のための電気工事費用(分電盤の改修、手動切替器及び外部給電取込口の設置費用)、接続ケーブル及びアダプタ作製費用など

【補助制度B】外部給電器の新規購入補助

一部の電気自動車などから給電する場合、別途、外部給電器が必要です。神戸市では、その購入費用の一部を補助します。
※連携協定に基づき、神戸市や自動車ディーラーから配車された車両で給電する場合には、購入の必要はありません。

補助額

CEV補助金による補助金額の4分の1(上限10万円)

【補助対象となる外部給電器】
令和3年度にCEV補助金(経済産業省のクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)対象である外部給電器
※新品の購入に限る
一般社団法人次世代自動車振興センター(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

環境局環境創造課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 3階