更新日:2019年11月1日

食品ロス削減の取り組み(平成30年度)

ここから本文です。

国内初!食品ロスダイアリーアプリ 市民モニターを募集します!(募集は終了しました)

本市の食品ロス削減の取組に参画している大学の研究グループ※2が、より多くの方に食品ロスダイアリーを簡単につけていただけるよう国内初のウェブアプリを試作しました。
そこで、アプリの試用にご協力いただける市民モニターを募集します。(募集は終了しました)

応募条件

神戸市在住の方(世帯単位のため、同一世帯で重複した応募はできません)

募集人数

1,000世帯

応募方法

申し込みサイトより直接必要事項を入力のうえ、お申し込みください。
(応募先)申し込みサイト:http://gomi-jp-foodloss.com/
※NPO法人ごみじゃぱん食品ロスチームのサイトになります。
(必要事項)メールアドレス・性別・年齢・家族人数、お子様や高齢者の同居数・燃えるごみの収集日を入力

募集期間

募集人数に達し次第終了
※延長します

アプリの使用方法

試用期間中に「手付かず食品・食べ残し」を廃棄するたびに、廃棄した食品の種類や量、廃棄理由、保存方法などを日記形式で記録する「食品ロスダイアリー」ウェブアプリへ入力していただきます。

アプリ試用期間

平成31年1月1日(火曜)~3月31日(日曜)3か月間(予定)

平成30年度 食品ロス調査を実施します!(終了しました)

神戸市では、平成28年度から2ヵ年にわたって、国内初の家庭における食品廃棄に関する詳細な実態調査を行ってきました。
この調査結果を受け、このたび、特に廃棄が多かった食品(生鮮野菜等)の効果的な使いきり方法を調べることを目的として、神戸市在住の方を対象に、「食品ロスダイアリー」を用いた市民モニター調査を実施します。地球にも家計にも優しい取組につなげるための調査に協力いただける市民モニターを募集します。
※「食品ロスダイアリー」とは、家庭で廃棄する手付かずの食品や食べ残しを記録する日記です。

実施方法

期間中に「手付かず食品・食べ残し」を廃棄するたびに、廃棄した食品の種類や量、廃棄理由、保存方法などを日記形式で記録する「食品ロスダイアリー」へ記入していただき、期間終了後に返送していただきます。

実施期間

平成30年10月1日(月曜)~10月28日(日曜)4週間(予定)

応募条件

神戸市在住の方(世帯単位のため、同一世帯で重複した応募はできません)

募集人数

400世帯
※応募多数の場合、応募時の事前アンケートに基づき抽選。当選の連絡は「食品ロスダイアリー」の送付をもって代えさせていただきます。

謝礼

モニターにご協力いただき、期間中最後まで記録した「食品ロスダイアリー」を提出された方に、商品券2,000円(予定)を進呈します。

応募方法

申し込みサイトに直接必要事項を入力いただくか、参加申込書に必要事項を記入し、郵送・FAX・E-mailにてお申込みください。E-mailで申し込みの際は、件名に「食品ロス調査参加申込」と記入ください。
(応募先)申し込みサイト:https://www.exri.jp/kobe2018

〒650-8570(住所不要)
神戸市環境局環境政策部資源循環政策課
FAX 078-322-6064/E-mail kobe2018@exri.co.jp

応募期間

平成30年8月20日(月曜)~9月13日(木曜)

※モニター募集は終了いたしました。

参加申込書(PDF:333KB)

平成30年度「食品ロス削減調査・事業化検討業務」の委託候補者を決定しました

平成30年度「食品ロス削減調査・事業化検討業務」の委託事業者はエックス・ひのでや共同企業体を委託候補者に決定しました。

小・中学生を対象に「お家でチャレンジ!食品ロスダイアリー」を実施しました

学童期の早い段階から食品ロスへの関心を持ってもらうため、市内小・中学生の希望者に平成30年の夏休み期間中に児童・生徒に「食品ロスダイアリー」に取り組んでもらいました。

”お家でチャレンジ!食品ロスダイアリー”実施結果(PDF:499KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

環境局環境政策課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 3階