ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年10月 > 久元市長の海外出張(報告)

最終更新日:2022年10月13日

久元市長の海外出張(報告)

ここから本文です。

記者資料提供(2022年10月13日)
久元市長が、デンマークで開催された世界のエネルギー都市間自治体ネットワークWorld Energy Cities Partnership(WECP)の総会に出席しましたので、報告します。

1.期間

令和4年10月4日(火曜)~10月9日(日曜)(6日間)

2.出張先

デンマーク(コペンハーゲン市、エスビャウ市)

3.概要

世界のエネルギー都市(15か国19都市)の自治体ネットワークWorld Energy Cities Partnership(WECP)の総会に出席しました。
また、WECPの会長都市であるエスビャウからの依頼を受け、神戸の水素関連事業について久元市長がプレゼンテーションを行いました。

4.内容

(1)State of Greenおよび自転車インフラ視察
GX(グリーンへの移行)の推進をサポートする「State of Green」および世界一の自転車都市をめざす自転車インフラについて視察(コペンハーゲン市)

(2)ネットワーキングレセプション
WECP総会プログラムであるエネルギー関連事業者や自治体のネットワーキングを構築するレセプションに出席(エスビャウ市、以下同)

(3)エネルギービジネスイベント
北海における風力発電を核としたエネルギーアイランド計画や、Power-to-X計画についてデンマークエネルギー庁より情報共有
また、洋上風力産業を中心とした世界で活躍するデンマーク企業による知識・ノウハウの共有、パートナーシップの推進

(4)WECP総会(ボードミーティング)
・WECP加盟都市の取組や、エネルギー業界の知識・ノウハウを共有
・BtoB(各都市の地元企業同士の連携)のためのビジネスチャンスの提供を促進
・WECPのブランディング向上、CERA Weekへの参加促進などについて議論

boardmeeting

(5)エスビャウ港視察
巨大な風力発電設備の建設と、余剰電力を水素など他のエネルギーで利用可能にするPower-to-Xの施設が建設されているエスビャウ港を視察

(6)オールボー大学
国立オールボー大学のエネルギー技術メンバー、地元企業、WECP加盟都市等で、講演会・パネルディスカッションを開催
この中で、WECP会長都市エスビャウの依頼により、久元市長が「神戸スマートシティの推進」についてプレゼンテーション
presentation

5.訪問者

神戸市長 久元喜造
神戸市環境局環境創造課 秋田大介
神戸市市長室国際課、環境局環境創造課職員2名

6.主な日程

10月4日(火曜)日本発、現地着
10月5日(水曜)コペンハーゲン市視察、WECP(ネットワーキングレセプション)
10月6日(木曜)WECP(総会、エスビャウ港視察等)
10月7日(金曜)WECP(オールボー大学訪問、地元企業や加盟都市のプレゼンテーション)
10月8日(土曜)現地発
10月9日(日曜)日本着

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

環境局環境創造課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 3階