ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 水素発電にオーストラリアから輸送した水素を使用~水素を「つくる」「はこぶ」「ためる」「つかう」がひとつなぎの道になる~

最終更新日:2022年6月23日

水素発電にオーストラリアから輸送した水素を使用~水素を「つくる」「はこぶ」「ためる」「つかう」がひとつなぎの道になる~

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月23日)

 本市では地球温暖化の切り札として期待されている水素に注目し、「水素スマートシティ神戸構想」を掲げ、水素社会の実現を目指し、産学官連携のもと、様々な取り組みを推進しています。
 このたび、神戸市ポートアイランドの水素発電実証施設「水素CGS実証プラント」にて、オーストラリアから輸送した水素を使用し、発電実証を行いました。
 これにより、水素をエネルギー利用するための「つくる」「はこぶ」「ためる」「つかう」というサプライチェーンが一つにつながるモデルケースを示すことができました。
 本市では、引き続き、2050年カーボンニュートラルを目指し、様々な取り組みを推進してまいります。
1.成果のお知らせ
水素発電にオーストラリアから輸送した水素を使用(PDF:585KB)
2.参考
水素スマートシティ神戸構想について

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

環境局環境創造課 

〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST 3階