現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 健康局 > 給食施設・栄養表示 > 社員食堂のわかりやすい情報提供例

更新日:2021年5月12日

社員食堂のわかりやすい情報提供例

ここから本文です。

メニューの栄養成分や栄養バランスの表示、健康的なメニューの組合せ例など、施設の課題に合わせた情報提供は、利用者の健康づくりに役立ちます。
市内の給食施設において、実際に表示されているわかりやすい情報提供例を紹介します。

1日分または1食分の性・年齢別の目安量

利用者が自分にあった食事を選択できるよう、性・年齢別の目安量を表示しましょう。

3食ごとのエネルギーの目安量ポイント:朝食・昼食・夕食ごとの「エネルギーの目安量」と「注意するポイント」を表示。(平成27年5月撮影)

性・年齢・業務内容別のエネルギーの目安量ポイント:利用者の性・年齢・業務内容別に、昼食のエネルギーの目安量を表示。(平成29年10月撮影)

ライスとおかずの目安量ポイント:利用者の性・属性別に、朝食・昼食・夕食・間食ごとの「エネルギーの目安量」と「ライスとおかずの目安量」を表示。(平成28年4月撮影)

 

献立表・プライスカード

利用者の目につきやすい献立表やプライスカードを活用して、利用者の健康づくりに役立つ情報を表示しましょう。

主食と副食の組み合わせとエネルギーポイント:利用者のエネルギーの目安量に合わせて、「メニューの種類」と「主食の量」を表示。(平成28年9月撮影)

おすすめ献立ポイント:おすすめの組合せ例と併せて、エネルギー量・塩分量・野菜量を表示。(平成29年4月撮影)

ヘルシーメニューの基準の表示ポイント:おすすめメニュー(ヘルシーメニュー)の基準を表示。(平成30年9月撮影)
週間献立表(下記)に同じマークをつけて表示。(平成29年9月撮影)

ヘルシーメニューの基準の表示

麺類の汁の塩分を記入した献立ポイント:麺類の汁を残すと、どのくらい減塩できるか表示。(平成28年10月撮影)

 

主食の量とエネルギー量

利用者が自分にあった主食の量を選択できるよう、施設の提供方法に合わせて表示しましょう。

性・年齢・仕事別エネルギーと主食量ポイント:利用者の性・業務内容別に「エネルギーの目安量」と「ごはん量」を表示。(平成27年8月撮影)

ごはん量の違いによるエネルギーの差の表示ポイント:栄養価計算しているご飯の量と、ライスのサイズによるエネルギー量をわかりやすく表示。(平成30年9月撮影)

お弁当のごはん量の目安量ポイント:利用者の性・業務内容別に、お弁当のごはん量を表示。(平成27年9月撮影)

 

野菜をすすめる工夫

不足しがちな野菜を利用者が意識して食べるよう表示しましょう。

野菜の小鉢表示ポイント:複数ある小鉢のうち、野菜小鉢が一目でわかるよう、緑色のシートの上にのせて掲示。(平成27年9月撮影)

おすすめの野菜を使った小鉢を表示ポイント:複数ある小鉢のうち、野菜量の多い小鉢がわかるよう、ポップをつけて表示。(平成27年6月撮影)

ヘルシーメニューをすすめる理由ポイント:ヘルシーメニューのおすすめポイントを具体的に表示。(平成27年9月撮影)

サラダバーでおすすめしたい野菜の目安量ポイント:サラダバーでとりたい野菜の目安量(1食分)を表示。(平成27年10月撮影)

サラダバイキングでとった野菜の量と啓発ポイント:サラダバイキングでとった野菜の量がわかるよう、キッチンスケールを設置。(平成28年7月撮影)

 

モデル組合せ

利用者が栄養バランスのとれた食事を選択できるよう、お手本となる組合せを表示しましょう。

主食、主菜、野菜に色分けし、バランス良い選択を簡単にするポイント:単品メニューを「主食・主菜・野菜」で色分けし、栄養バランスのよい組合せ方を表示。(平成27年5月撮影)

丼にサラダをつけるようおすすめポイント:栄養バランスが偏りがちな丼に、サラダを1品追加するようポップで啓発。(平成26年10月撮影)

おすすめ組合せのエネルギー、塩分、野菜量を表示ポイント:管理栄養士おすすめの組合せと、その栄養量を表示。(平成29年6月撮影)

 

漬物・汁物・調味料の塩分量、ドレッシングのエネルギー量と塩分量

塩分量の多い漬物・汁物・調味料・ドレッシングを利用者が意識して減らせるよう表示しましょう。

漬物の塩分量の展示ポイント:漬物の塩分量を実際の食塩量で展示し、視覚的にわかりやすくしている。(平成31年4月撮影)

 

献立の塩分量の展示ポイント:献立ごとに塩分量と1日の男女の目標量を視覚的にわかりやすく展示している。(令和元年6月撮影)

 

みそ汁の塩分と減塩の取り組みポイント:みそ汁の塩分量と併せて、減塩に取組んでいる工夫を表示。(平成28年5月撮影)

調味料のエネルギーと塩分ポイント:調味料・ドレッシングのエネルギー量と塩分量の関係をグラフで表示。(平成27年9月撮影)

減塩容器の活用ポイント:「プッシュ式の醤油入れ」を使用することで、手軽に減塩ができることを表示。(平成29年5月撮影)

 

健康情報・イベント情報

利用者の健康づくりに役立つ健康や栄養に関する情報やイベントの情報を表示しましょう。

施設の目標設定ポイント:「施設の食育目標」を掲示。(平成30年4月撮影)

食品の選び方ポイント:昼食の上手な選び方と1日の栄養バランスの摂り方を啓発。(平成27年9月撮影)

栄養バランスの摂り方の啓発ポイント:具体的な食品例を使って、栄養バランスの摂り方を啓発。(平成30年7月撮影)

健康的な体作りを目指す活動の実施ポイント:毎週金曜日は「健活DAY」と称して、野菜たっぷりでヘルシーな食事を食べて健康的な体作りを目指す活動を実施。(平成29年9月撮影)

 

神戸市作成啓発媒体データ

令和3年度の媒体を作成しました。

令和3年度作成啓発媒体1令和3年度作成啓発媒体2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館20階