平成29年度 神戸市優良特定給食施設推進事業表彰

最終更新日:2020年4月9日

ここから本文です。

表彰施設の食堂の様子

目的

神戸市内の特定給食施設では、利用者の健康維持・増進につながるよう栄養管理された食事を提供するために、さまざまな取り組みが行われています。本事業は、なかでも特に優良な施設を神戸市特定給食施設研修会にて表彰し、その取り組みを紹介することで、他の施設においても取り組みをさらに広げていただくことを目的として実施しています。

表彰対象施設

神戸市内の特定給食施設のうち、原則として事業所(病院の職員食堂を含む)、寄宿舎・寮、一般給食センター、大学

表彰基準

  • 食事を健康増進の手段と位置づけている
  • メニューの栄養量や栄養バランスが利用者にわかりやすいものとなっている
  • 利用者の1食もしくは1日あたりの必要栄養量がわかりやすく表示されている
  • カフェテリアや小鉢が選択できる場合は、健康に良いモデル的組み合わせ例が示されている
  • 給食施設栄養報告書の提出がある
  • 食事提供部門と健康管理部門の連携がなされている
  • 健康情報の提供や健康教育を実施している
  • 管理栄養士・栄養士が配置されている
  • 衛生管理が行き届いている

表彰施設

学校法人トヨタ神戸整備学園 トヨタ神戸自動車大学校様(西区)表彰式の様子

表彰施設概要

利用者の1日あたりの必要栄養量の表示

性・年齢・活動量別適量利用者が自分に適したエネルギー量や栄養素量を把握できるよう、目安となる1日の適量を表示し、それと併せて、昼食で適しているごはんの分量を示しています。

モデル的組み合わせ例の表示

モデル的組み合わせ例健康に良いモデル的組み合わせ例を紹介しています。

健康情報の提供

野菜摂取の啓発「野菜をたべよう」を目標に掲げ、目立つ場所にポップやポスターを掲示し、野菜を食べることの大切さの啓発や、1日に必要な野菜量と食堂でとりたい小鉢を紹介しています。

朝食摂取の啓発朝食を欠食する学生が多いことから、朝食を食べることを啓発したり、寮生の意見を聞き、出来立てで温かい食事を提供できるよう調理時間の調整や時間がない学生も食べられるよう軽食を準備するなどの献立改善を行った結果、欠食率が低下したという成果を得られました。

食生活調査(アンケート)

アンケート内容食生活調査を年2回実施し、嗜好や満足度の項目に加え、「栄養表示を利用しているか」、「どの栄養表示をよく見るか」など健康や栄養に関する意識調査も行い、その結果を経年比較することで利用者の健康意識向上のための更なる取り組み検討へ活用されています。

健康管理部門との連携

健康管理部門との連携年1回定例会を開催し、保健室で行っている個別の食事指導内容の共有や食堂の取り組み方針の検討をされています。
また、食堂の取り組みの評価を保健室の先生と一緒に行ったり、毎月学生の健康状況を情報共有したりするなど、日頃から健康管理部門と連携して「目標設定・取り組みの実施・評価」をされています。

他の施設のわかりやすい情報提供例はこちら!

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所医務薬務課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館8階