ホーム > 市政情報 > 記者発表2022年11月 > いじめの重大事態における校内いじめ問題対策委員会への外部有識者の参画

最終更新日:2022年11月14日

いじめの重大事態における校内いじめ問題対策委員会への外部有識者の参画

ここから本文です。

記者資料提供(2022年11月14日)

 「神戸市いじめ防止等のための基本的な方針」により、学校に設置する校内いじめ問題対策委員会に外部の有識者(第三者)を入れた場合は、調査開始前に第三者の役職・氏名を公表することにしているため、以下の事案について、専門機関からの推薦によって外部有識者の参画を図ったので公表いたします。

 

1.対象事案

 生命心身財産に関する事案

 

2.いじめ防止対策推進法第28条第1項の適用を判断した年月日

 令和4年5月30日

 

3.学校から教育委員会への重大事態発生報告日

 令和4年7月25日

 

4.対象児童生徒

 小学5年生

 

5.事案内容

 暴行等によるいじめの疑い

 

6.重大事態の種別

 いじめ防止対策推進法第28条第1項第1号(いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき) に該当

 

7.参画する外部有識者

 後藤 崇  弁護士  (イーグル法律事務所明石オフィス)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

教育委員会事務局学校教育部児童生徒課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階