現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化施設 > 倚松庵(『細雪』の家へようこそ) > 倚松庵(いしょうあん)秋の講演会

更新日:2020年11月17日

倚松庵(いしょうあん)秋の講演会

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年11月17日)

都市局市街地整備部業務課

 

倚松庵(いしょうあん) 秋の講演会Web公開のお知らせ

神戸ゆかりの文豪 谷崎潤一郎の旧邸「倚松庵」(東灘区住吉東町1丁目6-50)では毎年秋に講演会を開催していますが、今年はWeb上での公開といたします。

1.講演会

テーマ谷崎の転機~コロナ禍を転機と見て、前に進みましょう~

大谷崎と称され、日本の近代文学に大きな足跡を残した谷崎潤一郎。そんな作家の生涯も、幾度となく波乱、転機に直面しています。今回はその足跡を振り返りながら、コロナ禍という予期せぬ苦境を乗り越えるヒントを探ります。

講演者 たつみ都志(武庫川女子大学名誉教授)

公開  11月19日(木曜日)午後6時より「たつみ都志文学講座」

YouTube「たつみ都志文学講座」で検索

2.倚松庵とは

谷崎潤一郎が1936年(昭和11年)から1943年(昭和18年)まで居住し、松子夫人やその妹たちをモデルとした小説「細雪」の舞台となった和風邸宅。現在は毎週土、日曜(10~16時年末年始除く)に無料公開されており、兵庫県内外から年間約3,000人の来場者を迎えています。

石碑正面

 

駐車場はありません。

1f

  1階洋間  例年の講演会はここで行われました。

書斎

  2階書斎

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局市街地整備部業務課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル8階