ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年12月 > 中小企業イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」1期生・2期生による「地球にいいビジネス」事業構想発表会を東京で開催!

中小企業イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」1期生・2期生による「地球にいいビジネス」事業構想発表会を東京で開催!

ここから本文です。

記者資料提供(2022年12月26日)
経済政策課

1.事業の趣旨

 神戸市では、持続可能なビジネスを創造する観点として注目を集める「ESG」を取り入れ、市内中小企業が中心となって「地球にいいビジネス」を生み出すイノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」を取り組んできました。
 本プログラムは、市内中小企業が多様な経験とスキルをもつクリエイティブ・パートナーとの共創を通じて、持続可能な未来を拓くビジネスにチャレンジするプログラムです。
 このたび、昨年度から参加している1期生の5社と、今年度新たに「プロジェクト・エングローブ」の輪に加わった2期生5社が、社会的意義(パーパス)を軸に導き出した事業ビジョンと実践について、投資家やメディア等に向けプレゼンテーションを行う発表会を東京で開催します。会場
12月18日に開催した神戸発表会の様子(撮影:Life Journey Inc.)

2.「プロジェクト・エングローブ」東京発表会の内容

【日時】令和5年1月21 日(土)10:30~17:00
・午前の部 10:30~12:30(1期生)10:15 開場
・午後の部 14:00~17:00(2期生)13:30 開場
【会場】3×3 Lab Future サロン ※オンライン同時配信(zoom)
(東京都千代田区大手町1 丁目1-2 大手門タワー・ENEOS ビル1 階)
【参加費】無料
【参加申込】以下の専用フォームより、お申込みください。
https://forms.gle/oQQtUhszbhenZWJHA                                    
定員:会場30 名、オンライン50 名                    申込フォーム
※会場参加をご希望された場合でも、会場の人数制限によりオンライン参加をお願いすることがあります。
【申込締切】令和5年1月20 日(金)17:00

【参加企業】
▷ 1期生 –ビジョン実現に向けた勇敢かつ着実な歩み-
● 株式会社アルタレーナ:持続可能な状態でコーヒーを楽しめる世界を作るために、コーヒーかすを回収・再利用する仕組みづくりと並行して、コミュニティを立ち上げ、コーヒーのカスの活用法を検討するなど、コーヒーについての知見を深めるプロジェクトを進行中。
旭光電機株式会社:一人一人が地球にいいアクションを取りたくなる未来に向けて、センサーを活かし簡単にCo2 排出量を測定できるシステムを構築中。
NPO 法人てんびん:誰もが彩り豊かに生き合う社会を目指し、アートの力を使いながら、パーキンソン病の当事者や介助者、周囲の人々がこれまでよりも幸せに生きられるようなプログラムを考案・実施中。
日本テクノロジーソリューション株式会社:日本酒の蔵元が渾身の酒づくりに挑戦するために、NFT を活用した、神戸の風土・造り手・飲み手を繋ぐ仕組みを構築・実装中。
有限会社マルヤ靴店:大量生産・大量廃棄のサイクルから脱却し、サステナブルな靴文化を神戸から構築すべく奮闘中。パーツが交換可能な未来の靴のプロトタイプを進めながら、同時に履き潰した靴の回収や修理の仕組みも検討している。

▷ 2期生 -企業とチームで探し出した、持続可能な未来の種-
カネテツデリカフーズ株式会社
テーマ:サステナブルな海の資源を活用。未利用魚のない世界~ブルーエコノミーの創出~。
株式会社御湯所
テーマ:“Fostering Timelessness”時を超える「らしさ」を作る、あらゆる地域がどれもユニークで魅力的な未来。
株式会社垂水重機
テーマ:今を生きる土台をつくり、ひとりひとりが誇りを持って生きていける未来。
みなと観光バス株式会社
テーマ:郊外をハブにわくわくを循環。各地域が持つ「リアルな面白さ」が行き交い、有機的な繋がりが生まれていく未来。
合同会社リタリンク
テーマ:Bounce Foward「発展的復活」。人と自然が共生し文化が受け継がれる地域が増え繋がる未来。

【メンター】
Esbenグロンデル エスベン Synean 株式会社代表取締役 デザインディレクター
デンマークの大学でサービスデザインの修士号を取得。その後、日本のデザインエージェンシーの経験を経て、デンマークのヘルスケアイノベーションエージェンシーの日本の子会社の設立と運営に挑む。現在、日本のサービスデザインエージェンシーSynean 株式会社のオーナーとデザインディレクターを務める。




tabuchi田淵 良敬 株式会社Zebras and Company 共同創業者 代表取締役、TokyoZebras Unite 共同創業者
日商岩井株式会社(現双日株式会社)を退職後、LGT ベンチャー・フィランソロピー(リヒテンシュタイン公爵家設立インパクト投資機関)、ソーシャル・インベストメント・パートナーズ、SIIF 等で国内外のインパクト投資に従事。米国Zebras Unlte 理事。カルティエ・ウーマンズ・イニシアチブ東アジア地区審査委員長。




torii鳥居 希 株式会社バリューブックス 取締役 いい会社探求
慶應義塾大学文学部仏文学専攻卒業。モルガンスタンレーMUFG 証券㈱に勤務したのち、古本の買取・販売を行う㈱バリューブックスに入社。グローバルエコノミーを全ての人、コミュニティ、地球のためのものへと変えていくBCorporationTM の認証取得に向けて取り組む。2022 年6月、『BCorp ハンドブックよいビジネスの計測・実践・改善』をバリューブックス・パブリッシング第一弾の書籍として出版。




nagata永田 宙郷 TIMELESS 代表 ててて協働組合共同代表 プランニングディレクター
金沢 21 世紀美術館 ( 非常勤 )、デザインプロデュース事務所等を経て現職。伝統工芸から企業の事業開発まで、広い分野において、課題を解決するプランニングとプロデュースを行う。創業 400 年を越える酒造小嶋総本店との「米糀のあまさけ」シリーズがスタート。





mizuno水野 大二郎 京都工芸繊維大学 未来デザイン・工学機構教授
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授。Royal College of Art 修士・博士課程修了、芸術博士。日本帰国後、多様なデザインプロジェクトに従事する。津田和俊との共著『サーキュラーデザイン』(学芸出版社)を 2022 年1月に刊行。





【プロジェクト・エングローブWEB サイト】https://englobe-kobe.com
englobe