ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年7月 > イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」で、市内企業が創出した事業構想が国の補助事業として採択されました!

最終更新日:2022年7月1日

イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」で、市内企業が創出した事業構想が国の補助事業として採択されました!

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年7月1日)
 神戸市が実施するイノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」に参加した市内企業の事業構想が、国(中小企業庁)の補助事業である「成長型中小企業等研究開発支援事業」の対象として採択されましたので、以下のとおり公表いたします。

1.採択事業者

旭光電機株式会社
 (プロジェクト・エングローブ 第一期生)

2.研究開発計画名

IoT/AIセンシングプラットフォーム開発によるCO2排出量サービス高度化

3.研究の概要

 中小製造業のCO2排出量算定・可視化システム導入に係るコスト負担、ネットワーク構築の負担、データ活用に必要な人材の負担問題を、当社の豊富なデバイス開発の実績と、データ収集蓄積、解析まで一貫して提供できる強みを活かし、自社保有技術を運用することで解決する。

フロー図

4.中小企業庁 令和4年度予算「成長型中小企業等研究開発支援事業」の概要

 中小企業者等による精密加工、表面処理、立体造形等のものづくり基盤技術及びサービスの高度化を図ることを目的として、中小企業者等が大学・公設試等と連携して行う、研究開発や試作品開発、その成果の販路開拓に係る取組を支援するために行うものです。
 ※補助率:中小企業者等(補助率:2/3以内)
 https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2022/220627saitaku00.pdf

5.イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」の概要

 「プロジェクト・エングローブ」は、神戸市内の中小企業が中心となって、持続可能なビジネスにチャレンジする神戸市主催のイノベーション創出プログラムです。
 市内企業と多様な経験とスキルを持つクリエイティブ・パートナーとの共創を通じて、持続性のある事業創造に取り組みます。令和3年度からスタートした本プログラムは、7月より令和4年度(第2期目)参加企業を募集予定です。参加費は無料です。

※本プログラムの詳細や参加する企業及びクリエイティブ・パートナーの募集については、7月6日(水曜)に開催する説明会および以下の専用WEBサイトで詳しくご案内します。募集の締め切りは8月7日(日曜)の予定です。

【プロジェクト・エングローブ 専用WEBサイト】

https://englobe-kobe.com
※上記WEBサイト内に、説明会の詳細・プログラムへの参加申込フォームがあります。

【募集チラシ ダウンロード】(PDF:1,784KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階