現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 中小企業イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」参加企業5社による「地球にいいビジネス」事業構想発表会を東京で開催!

更新日:2021年12月22日

中小企業イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」参加企業5社による「地球にいいビジネス」事業構想発表会を東京で開催!

ここから本文です。

エングローブロゴ

記者資料提供(令和3年12月22日)

1.事業の趣旨

神戸市では、持続可能なビジネスを創造する観点として注目を集める「ESG」を取り入れ、市内中小企業が中心となって「地球にいいビジネス」を生み出すイノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」に、およそ半年間にわたり取り組んできました。

本プログラムは、市内中小企業が多様な経験とスキルをもつクリエイティブ・パートナーとの共創に加え、ESG分野の第一線で活躍するメンターによる伴走支援を受けながら、スケールの大きな「地球にいいビジネス」創出につなげる全国初の取組みです。

このたび、本プログラムに参加した企業5社がそれぞれの事業構想を成果として、投資家やメディア等に向けた展示・プレゼンテーションを行う発表会を東京で開催します。

神戸発表会の様子
12月17日に開催した神戸発表会の様子(撮影:Life Journey Inc.)

 

2.「プロジェクト・エングローブ」東京発表会の内容

日時

令和4年1月16日(日曜日)14時00分~17時00分

会場

3×3 Lab Futureサロン(東京都千代田区大手町1丁目1-2 大手門タワー・ENEOSビル1階)
※オンライン同時配信(zoom)

参加費

無料

参加申込

以下の専用フォームより、お申込みください。
https://forms.gle/t1TcQucXuB98c3UJA(外部リンク)
※会場参加をご希望された場合でも、会場の人数制限によりオンライン参加をお願いすることがあります。

参加企業
  • 株式会社アルタレーナ:循環型フェアトレードを目指すスペシャリティコーヒーショップ。個人の嗜好を切り口に、生産と消費を隔てないコーヒー文化を作り、コーヒーの価値を次代に残していくための事業を展開する。
  • 旭光電機株式会社:産業用センサー及びコントローラーの開発・設計・製造を手がけるリーディングカンパニー。センサー技術で社会の境界を超え、生活者の意識・行動を変えていくか構想中。
  • 有限会社ジョイコーノ:アパレルの企画・開発・販売、総合衣料のECサイトを運営。エングローブでは、老いの中で生じる障害を乗り越え、誰もが相互に人格や個性を尊重し、支え合う共創社会を目指す。
  • 日本テクノロジーソリューション株式会社:フィルム収縮の技術を主軸に、パッケージメディア事業を展開。エングローブでは、生きる力を高め、人生にチャレンジする「挑人」たちを育むための環境づくりについて構想している。
  • 有限会社マルヤ靴店:神戸元町で100年続く神戸で最古の靴専門店。これまで大量の使い捨てを生み出してきた靴業界を変えるべく、老舗靴店のレガシーを活かし、神戸の街を拠点とした靴の循環モデルの提案に挑む。
メンター
緒方氏画像緒方壽人 デザインエンジニア Takram ディレクター
東大工学部から IAMAS、LEADING EDGE DESIGN を経て Takram に参加。月面探査車の意匠コンセプトから、メーカーの製品開発、ショップや展覧会のディレクションまで、デザイン、エンジニアリング、アート、サイエンスを行き来し領域横断的な活動を行う。近著に『コンヴィヴィアル・テクノロジー』。
 


白井智子 NPO 法人新公益連盟代表理事白井氏画像
東京大学法学部卒業後、松下政経塾に入塾し、教育現場の調査研究に携わる。 1999 年、沖縄にフリースクールを立ち上げ、校長を務める。2003 年、大阪府池田市に日本初の公設民営フリースクールを開設。文部科学省中央教育審議会臨時委員、内閣府休眠預金等活用審議会委員など政府・行政の委員活動も行う。
 


永田氏画像永田宙郷 TIMELESS 代表 ててて協働組合共同代表プランニングディレクター
金沢 21 世紀美術館 ( 非常勤 )、デザインプロデュース事務所等を経て現職。伝統工芸から企業の事業開発まで、広い分野において、課題を解決するプランニングとプロデュースを行う。創業 400 年を越える酒造小嶋総本店との「米糀のあまさけ」シリーズがスタート。
 


水野氏画像水野大二郎 京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab 特任教授
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特別招聘教授。Royal College of Art 修士・博士課程修了、芸術博士。日本帰国後、多様なデザインプロジェクトに従事する。津田和俊との共著『サーキュラーデザイン』(学芸出版社)を 2021 年末に刊行予定。
 


内田氏画像内田友紀 Re:public Inc.シニアディレクター
早稲田大学で建築を学び、イタリア・フェラーラ大学大学院にて Sustainable city design を修める。ビジョン構築、組織・事業開発、コミュニティデザイン等を通じて、市民・企業・自治体・大学らと持続可能な地域社会に向けたエコシステムの構築に携わる。内閣府地域活性化伝道師。グッドデザイン賞審査委員。
 



チラシデータ(PDF:739KB)

 
プロジェクト・エングローブWEBサイト
https://englobe-kobe.com
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階