現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年7月 > これからのサステナブル経営を考えるプログラム「オープンゼミ」開催 -関西圏で先進的な取り組みをしている企業をお招きし、講演及び個別経営相談会を実施します-

更新日:2021年7月14日

これからのサステナブル経営を考えるプログラム「オープンゼミ」開催 -関西圏で先進的な取り組みをしている企業をお招きし、講演及び個別経営相談会を実施します-

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年7月14日)

1.趣旨

神戸市では、市内中小企業が中心となってサステナブルな新規事業を生み出すイノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」を7月1日にスタートしました。

その一環として、これからのサステナブル経営を考えるプログラム「オープンゼミ」実践編(第1回)を開催します。

「オープンゼミ」実践編では、関西圏で先進的な取り組みを行っている企業をお招きした講演・ディスカッション、中小企業診断士チームが提供する個別経営相談会を実施します。

 

2.「オープンゼミ」実践編(第1回)の内容

【講演テーマ】楽しくなければ仕事じゃない!~非常識な経営手法が企業と人を変える~

【ゲスト企業(講師)】HILLTOP株式会社(京都府宇治市)

【日時】令和3年7月20日(火曜)19時00分~20時30分

【会場】120WORKPLACE KOBE(神戸市中央区磯上通4丁目1-14 三宮スカイビル7階)

※オンライン(zoom)参加可


【ゲスト企業概要】
家族一丸で「下請け鉄工所」からの脱却を目指す中、知的労働に注力するため、24時間無人で加工し続ける独自システムを構築。
著書「ディズニー、NASAが認めた遊ぶ鉄工所」が話題となり、同社には年間2,000人超が見学に訪れる。ヒルトップ画像

【お申込み】
講演あるいは個別経営相談会への参加をご希望の方は、以下のWEBサイトからお申し込みください。
(7月17日締切り)https://englobe-kobe.com/#apply

 

3.イノベーション創出プログラム「プロジェクト・エングローブ」の概要

企業のリーダーと都市型創造産業に従事する人材との協働を通じて、市内企業の強みを引き出し、経営課題の解決や新規事業の創出につなげるプログラム。

本事業を通じて、ESG分野を意識した課題解決や新規事業構想の策定に取り組むことにより、ESG関連の投資を全国から本市に呼び込むきっかけをつくり、地域産業全体の高付加価値化につなげていきます。自治体が主催するイノベーション創出プログラムにESGの考え方を取り入れるのは全国初となります。

【プロジェクト・エングローブ 専用WEBサイト】
https://englobe-kobe.com

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階