現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年2月 > (公財)神戸市産業振興財団と兵庫信用金庫との「事業承継にかかる連携協力に関する協定」の締結

更新日:2020年2月3日

(公財)神戸市産業振興財団と兵庫信用金庫との「事業承継にかかる連携協力に関する協定」の締結

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年2月3日)
神戸市産業振興財団 創業・新事業支援部

 公益財団法人神戸市産業振興財団(理事長:冨山明男)と兵庫信用金庫(理事長:園田和彦)は、中小企業の円滑な事業承継の促進により地域経済の活性化を図ることを目的とした「事業承継にかかる連携協力に関する協定」を締結しました。

 国の試算では中小企業の半数が後継者未定と言われており、事業承継は深刻な課題となっています。

 神戸市産業振興財団では、小規模事業者を中心とした事業承継に平成30年度より、取り組んでいます。特に、親族や社員以外の第三者への承継を促進するため、後継者候補として登録しています。

 このたび、事業承継に悩んでいる小規模事業者に寄り添い課題解決に取り組んでいる兵庫信用金庫と連携することで、後継者不在に悩む小規模事業者の選択肢の増加を図り、地域の価値ある中小企業の存続・発展に一層取り組んでまいります。

1.協定締結日

令和2年1月30日(木曜日)

2.協定内容

神戸市産業振興財団と兵庫信用金庫とは次に掲げる事業について、連携して取り組みます。

(1)後継者不在企業と後継者候補のマッチング、各種事業承継支援施策に関する事項

(2)事業承継に関連する情報提供に関する事項

(3)その他必要な事項

3.実施の流れ

①神戸市産業振興財団:起業家等後継者候補を募集・登録

②兵庫信用金庫:後継者不在の小規模事業者からの相談

③双方の条件摺り合わせにより引き合わせ候補者を選定

企業・個人が特定される情報は開示しない

④後継者不在企業と後継者候補者の双方で秘密保持契約を交わした上で、引き合わせ

 ※引き合わせ後、ニーズに応じて兵庫信用金庫がサポート

(参考)神戸市の事業承継支援の取り組み「100年経営支援事業」

(1)事業概要

 本市では平成30年度より、地域に根付いた価値ある会社や事業を次世代に引継ぐ「100年経営支援事業」として事業承継支援に取り組んでいる。(実施主体は産業振興財団)

 ・事業承継の入り口部分に重点を置き、①課題を抱える企業を訪問、②専門家の支援により経営者の意識付け、③企業のニーズに応じて支援機関や専門家への橋渡しを行っている。

 ・専門家支援では、中小企業診断士や税理士・弁護士など異なる分野の複数の専門家が「KOBEあとつぎサポートチーム」として、企業の抱える複合的な課題に多方面からアドバイスを行う全国的にもユニークな仕組みを取り入れている。

 ・また、起業家等を募集し、後継者不在の企業の条件と摺り合わせた上で、引き合わせを実施している。

 ・令和元年度からは、マッチングを担当する事業承継コーディネータを配置し、支援を行っている。

(2)実績

 ・平成30年度は40社に対して専門家の支援を行った。支援を受けた企業のほとんどが各社の課題を専門家とともに整理した上で方向性を固め、承継計画への着手や第三者承継を決断するなど準備に動き出している。

 ・また、現時点で、後継者不在の企業12社と起業家等とのマッチングを進めている。

 

 ★支援事例の一部(4社)を当財団のホームページでも紹介しています。

 ぜひご覧ください。

問い合わせ先画像ロゴ画像

100年経営支援チラシ(PDF:3,943KB)

後継者募集チラシ(PDF:528KB)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階