現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 青陽須磨支援学校「技能体験~技能者に学ぶ~」の開催

更新日:2021年12月9日

青陽須磨支援学校「技能体験~技能者に学ぶ~」の開催

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月9日)

1.趣旨

神戸市技能職団体連合会青年部では、平成20年度より、障害を持つ生徒を対象に、ものづくりに触れてもらうことで技能をより身近に感じ、自己の新たな可能性を発見してもらうことを目的に、青陽須磨支援学校にて「技能体験」を実施しており、今回で12回目となります。

2.日時

令和3年12月10日(金曜) 9時00分~12時05分

3.場所

神戸市立青陽須磨支援学校(校長 本條 誠)
(住所:神戸市須磨区西落合1-1-4 電話:793-1006)

4.対象

高等部1年生の生徒 38名

5.講師

神戸市技能職団体連合会(会長 高木 貞治)に加盟する8団体21名

6.内容

 生徒が希望する職種別にグループ分けをし、1つの職種が1グループに対して、実演や生徒が参加するものづくり体験を実施することで、生徒にものづくりの楽しさを感じてもらいます。
 また、1回60分間の学習会を1回実施し、生徒には2つの職種を体験してもらいます。

7.進行

9時10分  全体会(2F 多目的室)
      ・校長先生あいさつ
      ・神戸市技能職団体連合会青年部代表あいさつ
      ・講師(職種)紹介
9時35分  各教室(職種)にわかれて体験会(1回目)
10時45分  各教室(職種)にわかれて体験会(2回目)
11時55分  全体会(2F 多目的室)
      ・生徒代表あいさつ
12時05分  全体会終了後、解散

8.主催

神戸市技能職団体連合会青年部(部長 酒井 健二)

参考

神戸市技能職団体連合会について
 市内の技能者が伝統技能の継承や神戸産業の発展を目指して結束し、昭和47年12月に発足しました。現在は32職種35団体(会員約2万人)が加盟しており、技能の大切さやものづくりの重要性を市民にアピールするとともに、技能者の福祉向上のためにお互いの力を合わせて交流を深め、様々な事業に取り組んでいます。

学習予定内容一覧(PDF:59KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階