現在位置

ホーム > ビジネス > 産業振興 > 商工業 > 中小企業向け融資制度 > 神戸市独自資金で必要な納税証明書

更新日:2020年4月1日

神戸市独自資金で必要な納税証明書

ここから本文です。

以下の資金は、「神戸市に主たる事業所を有し、事業を営んでいる中小企業者等であり、かつ当該事業に係る市民税を滞納していない者」という要件があります。
そのため、下記のとおり申込時に納期の到来した直近の納税証明書(原本)等の提出をお願いしています。

1.対象の資金

  • こうべ挑戦企業支援貸付
  • こうべ季節貸付
  • 小規模無担保貸付-こうべ小規模
  • 無担保・無保証人貸付-こうべ無担保
  • 特別小規模貸付-こうべおうえん
  • こうべ若者支援貸付

2.必要な書類

(1)個人事業主の場合

A.市県民税の下記納期の到来した直近の納税証明書(税務証明書見本例1
事業所の所在する区と居住地の区(市外に居住の方は市町村)が異なる場合は両方の区(市町村)のものが必要です。
事業所所在地の申告をしていない場合は、新長田合同庁舎3階または各区役所の市税の窓口で市県民税の申告を行い、均等割を納税のうえ、納税証明書を提出してください。

B.非課税の方の場合は、下記納期の到来した直近の非課税証明書(税務証明書見本例2

期別納期一覧
1期分 令和2年6月30日(火曜)まで
2期分 令和2年8月31日(月曜)まで
3期分 令和2年11月2日(月曜)まで
4期分 令和3年2月1日(月曜)まで

なお、居住地で非課税の方の場合、事業所所在地分も非課税となりますが、この非課税証明書は発行されませんので、居住地の非課税証明書のみの提出となります。
また、「無担保・無保証人貸付-こうべ無担保」の場合は、申込時の直前1年間に納期の到来した納税証明書が必要なため、2ヵ年度分必要となることがあります。

(2)法人の場合

A.法人市民税の直近の納税証明書(税務証明書見本例3
B.法人設立後、1期目決算未到来で納税の納期限に到達していない場合は、代表者(住所地が神戸市以外の場合も含む)の方の市県民税納税証明書。

税務証明書見本(PDF:320KB)

問い合わせ先

神戸市経済観光局経済政策課
〒650-0044神戸市中央区東川崎町1-8-4
電話:078-360-3206

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階