ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年6月 > 神戸市とC.E.Oグループ(ベトナム)との連携協定締結

最終更新日:2021年6月1日

神戸市とC.E.Oグループ(ベトナム)との連携協定締結

ここから本文です。

連携協定ロゴ

記者資料提供(令和3年6月1日)
神戸市では、地元企業のグローバル化に対応するため、海外販路開拓や外国人材の雇用に関する様々な支援策を実施しています。
一方、ベトナム大手資本のC.E.Oグループは、多くの実習生の送り出しや、日系企業進出時のサポートオフィスを運営するなど、日系企業の支援に積極的です。
そこで、神戸市とC.E.Oグループは、ベトナム人材の雇用・販路開拓など幅広い分野で、連携して事業を推進するため、連携協定を締結しました。

1 協定締結日

令和3年5月28日(金曜)

2 協定項目

① 市内企業のベトナム人材獲得に関する事項

・技能実習生に関して、ベトナムの最新情報提供やセミナーへの講師派遣

・市内介護施設への人材送り出しの協力

・同グループの技能実習生研修施設等への視察受入

 

② 市内企業のベトナムへの進出支援に関する事項

同グループが運営する日系企業向けレンタルオフィス「ジャパンハウス」の賃料割引              C.E.O写真1

③ ベトナム企業の神戸市への進出支援に関する事項

神戸市への進出を検討するベトナム企業に対して、神戸市の外資系企業優遇策を紹介

④ ベトナムでの市内企業の販路拡大等に関する事項

同グループの運営するホテルなどのネットワークを活用して、神戸の地場産品や食材、雑貨類、工業製品などの販路拡大を図る

⑤ ベトナムから神戸市への観光客増に関する事項

同グループの旅行部門において、日本向け企画商品に神戸観光を追加

3 C.E.Oグループについて

ハノイ証券取引所(HNX)に上場しているベトナム大手資本。C.E.O写真2
事業内容として、①不動産、②建設、③観光、④人材等の分野に進出。
人材送り出し事業については、技能実習生に加えて特定技能も取扱っており、
これまでに約5,000人の実習生を日本に送り出している。
また、日系企業進出時のサポートオフィス「ジャパンハウス」を運営しており、日系企業の進出支援にも積極的。

資本金:2兆6千億VND(130億円)
設 立:2001年10月
代表者:Doan Van Binh(Founder & Chairman)
従業員:3,000名(グループ26社)
C.E.Oグループホームページ(外部リンク)http://ceogroup.com.vn/(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階