現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > 令和2年度神戸市技能職者表彰について

更新日:2020年12月2日

令和2年度神戸市技能職者表彰について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月2日)

1.趣旨

神戸市では、ものづくりは生活文化の基本であり、市民生活に結びついた技能は市民の暮らしを豊かにする貴重な財産であるとの考えのもと、次世代を担う技能職者の育成や地位向上を目的として、技能職者に対する3つの表彰制度を創設しています。

2.表彰の内容

(1)技能功労者表彰

一生を専ら同一職種に専念し、優れた技能を持って社会に貢献してきた技能職者の功績をたたえ、技能水準の向上と職種の発展に資するために実施するものです。

<表彰対象者の資格(次の条件をすべて満たす人)>

・神戸市内に居住し、かつ市内に勤務している人。

・年齢が56歳以上の人(令和2年11月1日現在)。

・同一職種での経験年数が30年以上で、継続して現にその職種に従事している人。

・技能が特に卓越しており、他の技能労働者の模範と認められるなど、特に功績がある人。

・神戸市優秀技能者表彰を受けたことのある人は受賞から10年以上経ていること。

 

(2)優秀技能者表彰

長年同一職種に従事し、伝統技能の継承と技術の向上、そして職種の発展に活躍している優秀技能者の功績をたたえ、技能職者の励みとなることを祈念して実施するものです。

<表彰対象者の資格(次の条件をすべて満たす人)>

・神戸市内に居住し、かつ市内に勤務している人。

・年齢が35歳から55歳までの人(令和2年9月1日現在)。

・同一職種での経験年数が15年以上の人で、継続して現にその職種に従事しており、今後とも技能の向上、職種の発展に尽くす意欲のある人。

・優秀技能者として、人格、技能、指導性など他の模範と認められる人。

 

(3)技能奨励賞

優れた技能を有し、伝統技能の継承や従来の技能の改善・改良に取り組んでおられる若い技能者に対し、なお一層の技能の向上と職種の振興に寄与していただくことを目的として実施するものです。

<表彰対象者の資格(次の条件をすべて満たす人)>

・市内に在住・在勤し、年齢は概ね40歳代を上限(令和2年10月1日現在)。

・優れた技能を有し、伝統的技能の継承や従来の技能の改善・改良に取り組んでいる方で、

現に、技能の研鑚・向上のための計画がある方。

・後進の指導育成に尽すなど将来にわたり職種の振興に貢献が期待できる方。

3.受賞者数

(1)技能功労者表彰 20職種 30名

(2)優秀技能者表彰 23職種 42名

(3)技能奨励賞    2職種  2名

 

4.表彰式

(1)日  時   令和2年12月9日(水曜) 14時~15時30分

(2)場  所   神戸市産業振興センター ハーバーホール

(3)方  法   神戸市長から賞状と記念品を贈呈

 

【参考】令和2年度神戸市技能職者表彰受賞者職種別名簿 添付(PDF:1,028KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階