現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 令和3年度神戸マイスター・神戸アグリマイスターの認定について

更新日:2021年12月3日

令和3年度神戸マイスター・神戸アグリマイスターの認定について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月3日)

神戸マイスターとは神戸マイスターエンブレム

 神戸市では、平成5年度より、市内だけでなく全国的にも通用するハイレベルの技術・技能を持つ方を「神戸マイスター」として認定しています。また、平成18年度からは、卓越した農業技術を有する方を「神戸アグリマイスター」として認定しています。

認定された方々には、優れたものづくりの技術・技能を伝えるため、中学校での指導(ゲストティーチャー)や、ものづくり体験講座など多くの場で優れた技を披露していただいています。

今年度は下記の通り、新たに神戸マイスター1名、神戸アグリマイスター2名の方を認定いたします。(認定者合計:61職種142名)
 

令和3年度 神戸マイスター・神戸アグリマイスター認定者の概要

1.神戸マイスター認定者(1職種1名)

中村 実(なかむら みのる)〔西洋料理〕
・若くして渡仏し、料理のみならず本場フランスの文化・歴史なども学び、40年間フランス料理一筋にキャリアを形成。
・第6回メートル・キュイジニエ・ド・フランス ジャン・シリンジャー杯優勝をはじめ、実績も豊富。
・ル・コルドンブルー神戸校等で教授を務めるなど指導育成能力にも優れている。

2.神戸アグリマイスター認定者(2名)

池本 喜和(いけもと よしかず) 〔農業(野菜)〕
・大沢いちご部会の部会長として、IT・ものづくり技術を応用した高品質・省力化の栽培技術を実践し、神戸市育成いちご品種「神戸1号(神戸ルージュ)」の復活にも貢献。
・新規就農者に対する的確かつ丁寧な指導のほか、鳥獣害対策や竹林整備など、地域の保全・発展に積極的に取り組んでいる。

石井 健児(いしい けんじ) 〔農業(野菜)〕
・こうべ旬菜軟弱野菜部会長や櫨谷ブロッコリー部会長として新品種導入や産地拡大に取り組んできたほか、出荷用包装資材の開発による販路拡大に大きく貢献。
・学校給食用野菜への葉物野菜の導入や、農業生産基盤の整備を進めるなど、地域農業の発展に尽力。

令和3年度 神戸マイスター・神戸アグリマイスター認定式について

認定式の実施については、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、検討中です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局経済政策課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階