更新日:2021年5月13日

家具の固定促進事業

ここから本文です。


阪神・淡路大震災では、家具の転倒により、亡くなられた方や怪我をした方が多数おられました。
今後発生が懸念されている南海トラフ地震では長周期の揺れが予想されており、建物だけでなく家具の転倒防止等が大変重要となります。

神戸市では、家具の固定に対する支援制度を設けています。(家具の固定促進事業家具固定専門員派遣事業
申込方法・対象となる条件等については、以下をご確認ください。

kagu_kodate 広告2
 

令和3年度の申請受付について

令和3年4月1日より、すまいるネットにて、家具の固定に対する支援制度の受付を開始します。

家具の固定促進事業(個人申込)

地震による家具等の転倒を未然に防止するための金具による家具固定費用の一部を補助します。

補助要綱

神戸市家具の固定促進補助事業補助金交付要綱(PDF:164KB)

対象世帯

次のいずれかに該当する方が同居している世帯

  • 満65歳以上の方
  • 身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳の交付を受けておられる方
  • 小学生以下の子ども

賃貸住宅では、所有者の承諾が必要です。(ただし、市営住宅は不要です。)

補助対象事業

施工業者などが家具を壁等に金具やベルトで固定する家具固定

補助金額

家具固定費用の2分の1(最大1万円)

申請方法・手続きの流れ

まずは、「すまいるネット」までご連絡ください。

kagu_shinseitetuduki

申請後、交付決定通知書を送付します。
家具固定は交付決定後に実施してください。

申請様式

交付申請

実績報告

その他

記入例

 

家具固定専門員派遣事業(団体申込)

防災活動の一環として、地域団体で家具固定に取り組む場合に家具固定専門員を派遣します。

派遣要綱

神戸市家具固定専門員派遣事業実施要綱(PDF:171KB)

申請者

戸建て住宅の場合

5戸以上の方が家具固定を希望する地域の団体(※)の代表者(自治会長等)

地域の団体:自治会、まちづくり協議会、ふれあいのまちづくり協議会、防災福祉コミュニティ等

共同住宅の場合

5戸以上の方が家具固定を希望する共同住宅の居住者のみで構成される団体の代表者(管理組合の理事長等)

派遣内容

家具固定専門員を派遣し、家具を壁等に金具等で固定します。

戸建て住宅の場合

  1. 満65歳以上の方、障がい者の方、小学生以下の子どもがいる世帯は、2家具まで無料で実施します。
  2. その他の世帯の方は、1家具あたり6000円(※原則として)で実施します。(1.の3家具目からも同様)

共同住宅の場合

  1. 1世帯につき2家具まで無料で実施します。
  2. 3家具目からは、1家具あたり6000円(※原則として)で実施します。

家具固定の内容

固定方法

金物等により固定(L型金物・チェーン・ヒートン・家具固定用ベルトを使いネジによって家具を壁に固定)

対象となる家具

タンス・本棚・食器棚等の金物等による固定ができる家具、冷蔵庫(ベルト固定用の穴があるもの)

申請方法・手続きの流れ

まずは、「すまいるネット」にご連絡ください。

kagu_shinseitetudki02

同一団体への派遣は1年に1度限りです。申込の際には、団体内で周知していただき、できる限り多くの戸数を取りまとめてください。

同一団体への2度目以降の派遣では、過去に無料枠を利用された方は、有料になります。

キャンセル等により実施戸数が5戸を下回る場合は、派遣を中止します。

家具固定専門員

家具固定専門員とは

本制度に基づき、神戸市が家具固定のために派遣する者をいい、本制度開始に先立って公募を行い、神戸市が実施する講習を終えた事業者が登録されています。登録は毎年更新します。
派遣された専門員は、専用の腕章を着用し身分証を提示して家具固定を行います。

令和3年度家具固定専門員リスト(PDF:359KB)

申込・問合わせ先

神戸市すまいとまちの安心支援センター(すまいるネット)
10時00分~17時00分(水曜・日曜・祝日を除く)
電話 078-647-9933

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314